« 市場の誘惑… | Main | 皇帝のマロンパイ »

Friday, October 27, 2006

女王さま、泣く。

女王さまのお友達が、『大明宮詞』という中国のドラマを貸してくださった。
女王さまときたら、面貌が中国のお友達に「西太后に似ている」と指摘されただけでなく、某サイトの性格占いでも「あなたは西太后タイプ」と出てしまうくらいのニントン好き…ぢゃなくって、後宮ぐちゃぐちゃドロドロものがお好きなのだが、このドラマは武則天の娘太平公主が主人公。
時代はあの少林寺から30年くらい後。
王皇后や蕭淑妃を超えげつないことして押しのけ立后した武皇后が、ひとりの女の子を産み落とすところから始まる。

両親の愛情を一身に受けて育った太平公主は、お約束通りちょ~ワガママに育つ。
そして、ある日お忍びで長安の街へ遊びに行くのだが、そこで很好看な薜紹と邂逅、無理矢理彼のところへ御降嫁するのだが、彼には筒井筒のしかも臨月の妻と妾がひとりいたのだ。
哀れ妻には死を賜うが、そこは妾が身代わりとなり、妻も男の子を生むとそのまま他界。
しかし、母親がそんな酷いことをしたとも知らずノーテンキに嫁いで来た太平公主を薜紹は許せない。
なにかと辛くあたるのだが、何故か子供は出来るのだ(笑)
そんなある日、太平公主は前妻が残した男の子を薜紹の実子とは知らず引き取る。
その子をめぐってイロイロあって、結局はその子が薜紹の実子であると判明、事情を知らず逆上した太平公主が薜紹に剣を突きつけると、薜紹は総てをぶちまけ、さらに断ちがたい前妻への恋慕の情と、自分がいくら冷たくしてもじっと耐えて父母に仕え、自分を愛していると言う太平公主に最近ほろっと心を動かされていることを告白し、そのまま太平公主の突きつけた剣で胸を突いて死んでしまうのだ。

372

それにしても、武則天といい太平公主といい、実に雄雄しく生きているのに、薜紹も含めオトコドモときたら、どうしてまあ、こんなに逃げてばっかりなのかしら…。
薜紹も、ちゃんと太平公主に向き合って、子供のことだってちゃんとすればいいのに、まったくナンて無責任なんでしょう!
両親だって、ムスコが妾を身代わりにしたことで天子を欺いた逆臣と露見することに毎日ビクビクして心休まることもなく、太平公主だってバカぢゃないから、薜家人が自分が腫れ物を扱うことにずっと疑問を持ち続け、それでも「あたしに悪いところがあるなら直します!」とか、健気に言っちゃったりするのだ。
それなのに、薜紹ったらイザとなったら後のことはお構いなしで、さっさと逃げたら済むと思っているのだ。
自分で蒔いた種を摘み取ることも出来ず、それによって、家族その他の家のものが大迷惑を蒙り、最悪一家皆殺しということを冷静に考えることも出来ない。
まったく、こんな自分の責任がなんたるかも分かってない、衝動だけで生きてるようなオトコドモが世の中動かしてるんですもの、天下が治まるワケがないわよ!

と、ワタシはとっても憤っていた。
憤っていたというのに…。
ふと見ると、女王さまは双眸から滝のようにナミダを流して、鼻からもナミダを流して泣いておられるではないか!

うっそ~。

|

« 市場の誘惑… | Main | 皇帝のマロンパイ »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~ドラマ編~」カテゴリの記事

Comments

 おぉ!前半の山場ですよね。
私もそこのシ-ンは、結構きましたよ。
太平は我侭だけど根は優しい人で、旦那やその家族に打ち解けようと健気に努力するんだけど、太平のおかあさんがおかあさんだから。
 健気な太平が哀れで、周囲の人間にもうちょっと度量があればいいのに、と責めたくなるけど、やはりおかあさん、怖いよなあと思わなくもないです。

 李少紅女士は、男性に冷たいと思うな(笑)

Posted by: しゃ-ねい | Sunday, October 29, 2006 at 11:54

おかあさんコワいです。
ますますコワさにミガキがかかってます。
最近韋后も頭角を顕してきて、これからの展開が楽しみです。

>李少紅女士は、男性に冷たいと思うな(笑)

確かに(笑)
まるで彼女は、男性の弱さとかズルさを告発しているかのように感じます。

Posted by: SAKURAKO | Sunday, October 29, 2006 at 20:15

ここじゃなくて(みつからんので、)泣いて鼻水でちゃってるのと蠅が止まってるのと、、、typhoonみせられたあとで

《大明宫词》里面有很多句子很美的旁白,对你中文应该会有帮助哦 とアドバイスを受けてもrain
見る気にならんのですcrying、、

Posted by: gen-san | Sunday, September 12, 2010 at 19:44

鼻水と蠅は張紀中版《天龍八部》ですよんsmile
《大明宮詞》もイロイロとエゲツないシーンはありますが、蠅は止まってなかった(多分coldsweats01)ので、どうぞご安心なすって御覧くださいマセcatface

Posted by: SAKURAKO | Sunday, September 12, 2010 at 20:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 市場の誘惑… | Main | 皇帝のマロンパイ »