« 不倶戴天の敵! | Main | 後藤の京わらび »

Sunday, October 15, 2006

渡り蟹の正しい食べ方

330

イチゴはヘタをとるのに包丁を使うと、全体が水っぽくなるのだそうだ。
なので、ケーキなどに使うときには、ヘタを手でちぎるのが正解なのだとか…。

渡り蟹もそうなのだそうだ。
包丁を使って切り目を入れるのと、手でバリバリと割ってそのままいただくのとでは、ゼンゼンお味が違うそうだ。
しかし…一番下の足のように、ほっくり身がついてくるところもあれば、真ん中3本の足はスコブる食べにくい。
ハサミのついてる足なんて、硬いうえにトゲまであるのだ。
おもむろに指力を込めてバキ!とも致しかねる。
ああ、大自然とのタタカイ…。

しかし、包丁を使うと、その包丁が二度と使えなくなるかもしれないというリスクもあるわけだし、美味しい食べ方でワイルドにいただくのが、やっぱり正解なのかも…。

|

« 不倶戴天の敵! | Main | 後藤の京わらび »

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不倶戴天の敵! | Main | 後藤の京わらび »