« 銀しゃり | Main | ひまわり食堂(仮称) »

Wednesday, September 13, 2006

京都大物産展

ご近所の自称百貨店で、今日から京都大物産展があるというので、イロイロ考えた。

七味家の山椒、辻利園のお抹茶、鳩居堂のお手紙セットに練香、川端道喜のチマキは季節はずれだからないかもしれないケド、末富の生菓子は…無理かもしれないから、せめて老松くらいは来てないかしら…。
京都鶴屋でもいんだけど…。
そうそう、阿闍利餅ははずせないわ!
いづうの鯖姿すしも食べたいし、麩嘉の麩まんじゅうも冷凍しとけばOKだし、森嘉のひろうすも欲しいかも~。

302ワタシの期待は、結局はモウソウに終わった…。
唯一出店していた満月の阿闍利餅は、あっとゆうマに売り切れたそうだ。
しかたがないので、半兵衛の麩まんじゅうを買って帰った。
やっぱり、京都のものは京都へダイレクトに買いに行くしかなさそうだ…。

薔薇園にいかにも血液サラサラ効果絶大そうな豚肉とゴーヤのサラダをUPした。
これは思った以上に美味しかった。
そういえば、指宿の郷土料理屋さんで、苦瓜をさっと湯にくぐらせて鰹をふり、ちこっとお醤油をかけた付き出しが出てきたことがあったっけ~。
そういえば、先日カレーにゴーヤを入れるという話も聞いた。
ラジさんちのインド料理には、ゴーヤをワタごと油であげてカレーにしてあるものが紹介されていた。
ゴーヤって奥が深い…。

今日、芋の茎なるものを生まれて初めて食べさせていただいた。
サツマイモの茎らしいが、皮を剥いて、さっと油で炒めて砂糖と醤油で味をつけるんだそうだ。
なんとなく、ステビアっぽい甘みを感じた。
しかしアクとかクセといったものはなく、食感はフキとツワを足して2で割ったようなカンジ。
戦時中に食べたというハナシを聞いたことはあったのだが…、ここいらでは普通に食卓に上る食材らしい。
塩味で野菜炒めに入れても美味しいかも…と思った。

|

« 銀しゃり | Main | ひまわり食堂(仮称) »

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/11884850

Listed below are links to weblogs that reference 京都大物産展:

« 銀しゃり | Main | ひまわり食堂(仮称) »