« 海千 | Main | 鮎定食2620円 »

Sunday, August 27, 2006

身体にイイコト・ワルイコト

244

T田町にある石柱渓は、Y口の奥入瀬と呼ばれている…。
そんな思い込みとカン違いに導かれ、ナビに騙されて恐ろしくクネクネのほっそ~い山道を通り、やっとこたどり着いたそこにあったものは。。。
19の滝からなるというが、落差50センチでも滝は滝らしい…。

245

涼しい顔で風景に溶け込むお人形…。
しかし、ワタシ達の扮装たるや、HPで見た助言に従い、長袖にズック、帽子の下にはタオルを垂らして全身に虫除けスプレーを振り掛け、当然おにぎりだって持参という完全武装で出かけたのだが、なんだか軽いキモチで来ている人もカナリいたようだ。
・・・しかし、そのミュールやサンダルでこの山道はちょっと間違ってない?
しかも、スカート…vv
まぁ、ご本人がそれでいいなら…と、その昔天王山に5センチのヒールで昇った在りし日の自分を重ね、なんとも感慨を深くしたのだった…。

246

この滝を、相思の滝というそうだ。われても末に…という意味なのだろう。
この石柱渓には、悲しい恋の伝説が残る。
ある日通りかかった侍の袴に、田植えの泥を飛ばしてしまったアワレなムスメが一人…。
他地方に残る早乙女伝説は、ここで無礼者!と切り捨てられるのだが、たまたまその侍はそんな人ではなかった。
なかったのだが…そのムスメとあろうことか恋仲になってしまうのだ。
石柱渓でデートを重ねる二人…。
しかし、所詮しがないお百姓のムスメとお侍では身分違い。
前途に悲観したムスメは、石柱渓の滝に身を投げ、死んでしまう。
それを聞いた侍もまた、いくつ目かの滝に身を投げたのだった…。

エラく感動的な話しなのだが…ワタシ達が到達した限り、身投げできそうな滝というのはちょっと見当たらなかった。全部、飛び込んだら鼻を打ちそうな滝である。
これは、鴨川に飛び込んで死ぬというのとおんなじくらい、ちょっとムリそうなハナシではないだろうか…。

とはいっても、ワタシ達は結局19番目の滝はおろか、9番目の滝にすら到達しないところで、勇気ある撤退をした。
理由は空模様が怪しくなってきたから。
ワタシ達の判断は、決して間違ってはいなかったハズだ。
なにしろ、あと少しで駐車場というところで、ホントウに雨が落ちてきたのだ。
その雨が五分もたたないうちに止んでしまったことは、ちょっと誤算だったのだが…。
なので、若しかしたらさらに上流にはちゃんとした滝があって、Y口の奥入瀬にふさわしい光景が展開されている・・・カモしれない。

しかし、今日はもう一つ目的地があった。
お湯がいいと評判の一の俣温泉である。
石柱渓からさらに30分。
ここでも何故か道に迷う。
そのことに気付いて引き返し、やっとたどり着いた温泉がココ。

247 248

ちょ~しなびた温泉宿を予想していたので、以外にきれいげな外観にちょっとびっくり。

249


ホテルロビーから入浴施設へと続く廊下。
なんとなく古びたちっくの落ち着きが、展示された超日常の民具?とともに、訪れるものをノスタルジックな感傷に誘う。
お湯は…内湯はまったりとしていてなかなかよい。
外湯はやっぱり薄めてあるカンジ。
それよりもなによりも、お幸ちゃまがちょっと湿ったときに漂うそうな、そこはかとなくあんましキブンよくない香りが漂っていたように思ったのはワタシだけだろうか…。
そしてここは、入浴料を1000円も取るのに、タオルが付いていない。
これはちょっと、いただけない。

250_1しかし、30分以上の有酸素運動に温泉と、今日は身体にイイコト尽くめである。
しかししかし…このように健康的な一日を送ると、健康的にお腹がすいてしまうのだ。

ということで、温泉を出てから5時過ぎに、M祢のアンコーラというイタリアンのお店によったりした。
ココはどうやら、YAMCに出店しているあのアンコーラの姉妹店だかなんだからしい・・・。
まだ早い時間だというのに、既にケッコウ人が入ってる。
その後も次々に人が入ってくる。
こんなに人口の少ない町にあるのに…。

251

健康的すぎて空腹をもてあましていたワタシたちのお食事代〆て10150円。
一人当たり5000円検討で食べたにしては、満足感がイマサンくらい。
といっても、お腹ははちきれんばかりにいっぱいで、最後は食べるのが辛いくらいだったのだ。
それはもう、実に辛かったのだが…それは量が多すぎたせいだろうか、それとも…。
不味いワケではないのだが…はっきり言って美味しくないのだ。
長門産生ウニのスパゲッティも、ホントにこのウニは長門産?と勘ぐりたくなるそんなカンジ。
子羊のコトレッタは、これこそ、もうちょっとどうにかならないのかしら…なお味だった。

食後はエスプレッソ。

252

ふつ~のエスプレッソと、濃~いエスプレッソ。
濃~いエスプレッソは…ちょっと、スゴい味だった…。

朝9時に出て、帰り着いたら夜の8時。
一日遊び倒した一日・・・。

|

« 海千 | Main | 鮎定食2620円 »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/11652474

Listed below are links to weblogs that reference 身体にイイコト・ワルイコト:

« 海千 | Main | 鮎定食2620円 »