« 雨が降り出す前に… | Main | 女王さま、おマチへ行く!女王さまの選択 »

Sunday, July 23, 2006

有職故実~うなぎ~

203

花園の土用の丑の日は、天地開闢以来きよみずのうなぎと決まっている。
もちろん、由緒正しいジャポニカ種である。
そして、上にちょろっとふりかける粉山椒は、京都の七味屋製と決まっている。

Dscn3559

女王さまのおドンブリは、このトコロ三代北村賀善の小ぶりのお鉢と決まっている。
この南国チックな絵が、女王さまにはたいそうお気に入りらしい。
来年の今頃には、もう先カンブリア紀からこのお鉢が女王さまのおドンブリだったことになっているに違いない。
伝統とは、こうして創出されていくものなのだ。

202

このお鉢、すっかりおドンブリなのに、裏にもちゃんと絵が描いてある。
サスガにこのクラスになると、食器洗い機にお任せ!というワケにはいかなくて、ワタシが手で洗わせていただくことになる。
ちょっとメイワク…。
しかし、それが伝統というモノなのかもしれない…。

|

« 雨が降り出す前に… | Main | 女王さま、おマチへ行く!女王さまの選択 »

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/11072974

Listed below are links to weblogs that reference 有職故実~うなぎ~:

« 雨が降り出す前に… | Main | 女王さま、おマチへ行く!女王さまの選択 »