« おそかりし勘三郎… | Main | 花園とお菓子 »

Friday, May 26, 2006

豆腐と苦瓜

先日植えた苦瓜は、順調に生育しているモヨウ。
ということで、今夏の苦瓜ウハウハ自給自足計画の成功を祈って、苦瓜と豆腐を使って二態。

93
ふつ~のご~やちゃんちゃん

94
なんちゃって中華風豆腐と苦瓜の炒め物

ふつうのごーやちゃんちゃん、文字通り、お豆腐・苦瓜・豚肉・もやしを炒めて卵でとじただけである。
丁寧に作るととっても面倒くさいが、お豆腐はレンジでチン!と水切りでOK、苦瓜もこれをけっこう薄い目に切っておけば、下茹でや塩もみをしなくっても苦味はあんまし気にならない。
・・・いや、身体に良さそうな苦味というべきか…。

なんの下処理もなしにホントに苦味が気にならないのは、なんちゃって中華風。
まずお豆腐のまわりに片栗粉をつけてちょっと多い目の油で焼き色を付け、余分な油を捨てて生姜・ニンニクを炒め、そこに豚肉・苦瓜の薄切り・玉ねぎを投入。
この玉ねぎは、白ネギの代用品だったりする。
さっと炒めて酒・砂糖・豆鼓醤・甜麺醤・醤油に水を加え、そこへ焼いた豆腐を入れて軽く煮込む。
豆腐の片栗粉でイイカンジにとろみがついて完成。
ちょっとピリカラにしても美味しいのだ。
豚肉ではなく、牛肉でも美味しく出来るこの苦瓜のなんちゃって中華風炒め、ご飯もススムがなかなかよかったりするのだった。

このなんちゃって中華風、基本は豆鼓醤。
換言すれば、豆鼓醤とは、これさえあれば、どんな炒めモノでも“なんちゃって中華風”になるスグレモノ。
水に豆鼓醤と醤油・砂糖・酒・片栗粉を併せて仕上げに加えるだけでOK!なのだ。
甜麺醤を入れると、甘みが加わってちょっとコクがでるカンジ。
マーボトーフを作るだけではなかなか消費できないこれらの調味料、野菜炒めにまで使いまわすと、ケッコウ回転よくなくなってくれるのだった。

|

« おそかりし勘三郎… | Main | 花園とお菓子 »

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

Comments

ぼくは苦瓜食べたことないけど おかあさん大好きだからもうちょっと暑くなったら なんちゃって中華風 まねっこするですよ。
豆鼓醤あしたさっそく買っておくです。

Posted by: 晋作 | Friday, May 26, 2006 at 23:20

なんちゃって…は、ちょっと独特の風味がある味噌炒め風になるんだそうでしゅ。
なので、ちょ~ベンリなんだって。
そんで…ボク、若しかしたら苦瓜食べたことあるかも…でしゅ…。
ボクのおごちそうさまには、トキドキわけのわかんないものが入ってるでしゅよ…。

Posted by: こうたろう | Saturday, May 27, 2006 at 00:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/10249905

Listed below are links to weblogs that reference 豆腐と苦瓜:

» Buy tramadol pharmacy index. [Buy cheap tramadol mg tablets only in us online.]
Where buy tramadol click here. Buy tramadol online save wholesale price yep. Buy tramadol. Tramadol great buy. [Read More]

Tracked on Monday, June 11, 2007 at 12:30

« おそかりし勘三郎… | Main | 花園とお菓子 »