« 着だおれなお着物 | Main | 春の雪・・・ »

Sunday, March 12, 2006

トマト缶とモッツァレラのスパゲッティ

使う予定がなくても、視界に入るとデキゴコロでつい、買ってしまうもの・・・チャプチャププールに浮かんだモッツァレラ。。。
花園がおマチにあったころは、国産モッツァレラでいいと思いさえすれば、徒歩3分の○△ストアーでも調達できたし、月に一度は“ボッコンチーニが入荷しました!”電話がかかってきていた。
しかし・・・ここいらだと、その国産モッツァレラですら、目に留まったときに買っておかねば手に入らなかったりするのだ。

で、そのモッツァレラが冷蔵庫の中に鎮座ましましていらっしゃたのだが、そろそろ消費しないことにはちょっと…な時期となってしまった。
冷凍庫の中には、ペシャメルソースもミートソースもある。
買うときは、何時もラザニアなキブンなのだが、食べるときにはなんだかとっても面倒になって来る。
で、オリーブオイルに鷹の爪とにんにくを入れて香りが経って来たら缶詰のホールトマトを握りつぶしながら入れ、しばらく煮詰めてドライバジルを振り入れ、そこにサイコロに切ったモッツァレラをいれてスパゲッティを投入と、ジツにカンタンにモッツァレラを消費する方法を選ぶことが多い。

今日もそうしてモッツァレラを消費したのだが、このような方法で消費する度に、ワタシは思うことがある。
“外のお店で食べるモッツァレラとトマトのパスタは、ソースと程よく絡まっているカンジなのに、どうしてワタシが作るとモッツァレラがもっちりもっちりパスタの中で再結集して団子のようになってしまうのかしら…。

しかし、よく考えなくても、それはモッツァレラが多すぎるだけの話なのである。
ということは、おそとのモッツァレラ入りパスタの類には、そのくらいしか、モッツァレラが入っていないというコトなのである。
いやいや、だんごになるほどモッツァレラの入ったトマトスパゲッティなのだから、美味しいのは当たり前。
というか、100円のトマト缶とお値段も大衆価格のイタリアNO.1売り上げスパゲッティに、某国産モッツァレラをぶち込んで、塩だけはシチリアの塩使用とちっとこだわったが、それでこんなに美味しいスパゲッティが出来るのに、どうして外で食べるこのテのスパゲッティは、あんなに美味しくないのだろう・・・。
やっぱり、モッツァレラの量かしら・・・(笑)

|

« 着だおれなお着物 | Main | 春の雪・・・ »

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/9053484

Listed below are links to weblogs that reference トマト缶とモッツァレラのスパゲッティ:

« 着だおれなお着物 | Main | 春の雪・・・ »