« オジサマとカレーとお幸ちゃま | Main | デュ・バリー夫人の愛したポタージュ »

Tuesday, February 28, 2006

温泉とうふ

37冷奴としても美味しく召し上がれますが、やわやわと淡雪のような口溶けの「温泉湯豆腐」として召し上がられる場合は、別売りの温泉とうふ用調理水をお買い求めください。

ということで、このお豆腐と温泉とうふ用調理水を使うと、やわやわと淡雪のような口溶けの温泉湯豆腐になるのだ。

38
このお豆腐と温泉とうふ用調理水、合わせて250円弱。
お出汁はナシで、この調理水の中に適当に切ったお豆腐を入れて強火で沸騰、その後中火にしてお豆腐の表面がとろけてくるくらいまで加熱するんだそうだが、お野菜等を入れる場合は沸騰した時点で投入するといいそうで…。

39




これがその、沸騰したところ。
調理水にそこはかとなくお豆腐が溶けているカンジ。
このままでも美味しそうだが、今日はこれに水菜・しいたけ・青ネギ・春菊と豚ロースしゃぶしゃぶ用を投入!

投入後のお写真は…ハチきれんばかりのお鍋になってしまったのでちょっと自粛。。。

40この湯とうふ、表面はふわふわだが中身はケッコウしっかりで、お箸でとっても崩れない。
見かけによらず、なんともしまった豆腐なのだ。
それでもって、大豆の甘みもしっかりあって、ワタシ的にはケッコウお気に入りである。
何より、この調理水を使うとお肉がそれはそれはやらかくなるのだ。
そして、このお豆腐が溶け出したあとの白濁した調理水も美味♪
今日はポン酢でいただいたのだが、これでポン酢を薄めて飲むも良し、雑炊にするも良し。
雑炊の場合は、ワタシは卵を入れないでシンプルにそのままお醤油とお塩で味を調えるくらいがいいのではないかと思う。
つい、食べ過ぎてしまうくらいに美味だったりする。

|

« オジサマとカレーとお幸ちゃま | Main | デュ・バリー夫人の愛したポタージュ »

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/8880613

Listed below are links to weblogs that reference 温泉とうふ:

« オジサマとカレーとお幸ちゃま | Main | デュ・バリー夫人の愛したポタージュ »