« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

Wednesday, November 30, 2005

ふぉんりぃ~す(鳳梨酥)

台湾名物に鳳梨酥というのがある。
いわゆるパイナップルケーキなのだが、お土産の定番・・・らしいくせに、それはそれは重い。
しかし、台湾リピーターが台湾に行くたび、肩が抜けるかと思うくらいこのパイナップルケーキを買って帰るというのだから、きっとそれはそれは美味しいものに違いない・・・。
そんなに美味しいものなら、何が何でも買って食べてみなければ!

68三協成餅鋪
台湾がその昔大日本帝国だった頃、昭和10年創業の淡水のお店のパイナップルケーキ
1個105元

67順成蛋糕
台北市内に10店舗を展開するベーカリーショップのパイナップルケーキ
20個220元

今回の台湾旅行、ワタシたちは20日に福岡から出たのだが、女王さまのお人形のお仲間は一足先に台北に入っており、ワタシたちが着いたときには淡水というトコロにお出かけしていらっしゃった。
なんでもその淡水には、とっても有名なパイナップルケーキ屋さんがあるらしい・・・。

皆さんとホテルで合流した時、皆さんは既に淡水観光?を終えてそのお店のパイナップルケーキをお求め済みでいらっしゃったのだが、女王さまには他のお店にはさっぱり人がいないのに、そこだけスンゴい混みようだったと聞いて、のたまわれた・・・。

「わらわも、そこのパイナップルケーキが欲しいぞよ~!」

女王さまのこの駄々っ子ぶりを見かねたお仲間のお一人が、ご自分用のパイナップルケーキを分けてくださった。
なんとご親切な・・・。
それにしても、まったく、何処へ行かれても恥ずかしい女王さまであらせられる・・・。

その淡水のお店とは別に、ホテルの目の前にある地下鉄に乗って二つ目のところに、パイナップルケーキ王選手権第二位に輝いたお店があるという。

「そのパイナップルケーキを食してみるぞよ~!」

ということで、そこのパイナップルケーキをも買いに行くことに。
しかし、はじめにも述べたが、パイナップルケーキはお土産にはあるまじき重さなのである・・・。
いったい、誰が持って帰ると思っておられるのかしら・・・vv

ということで、今回は2種類のパイナップルケーキを持たせていただいて、帰国したのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, November 27, 2005

みかんの季節

66
花園別園からみかんが届いた。 「葉つきのみかんを送ります。三匹の写真を撮ってください。」 そう書かれたお手紙と一緒に入っていたみかんは・・・葉つきではなく枝つきだった・・・。 しかも、片手では持ち上げられないほどたわわに実がついているのだ。 期待された三匹の写真というのは、どうやら枝を見上げてみかん狩りの風景のようだったが、どうせいっちゅうねん。 で、取り敢えず机の上に枝付きみかんを置いて、お写真を撮った。 これでカンベンしてもらえるだろうか・・・。vv


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 23, 2005

ご乱行in台湾

女王さまのちょっとソコまでは、台湾だった。
しかもそれは、人買いツアーならぬ人形買いツアーだったのだ。
64
滞在期間中故宮にも行かず、足ツボマッサージにも行かず、お人形屋さんをひたすら行脚するのだ。
そして、目出度くも好みのお人形とめぐり逢えたら、そこで商談が始まるのである。
もっともわざわざ台湾まで行くのだから、そんな偶然にばかり頼っているわけではない。
事前に予約でお好みにカスタマイズ・・・なんてのもあるのだった・・・。

今回女王さまが予約していたのはこの2匹。
・・・で、これがお幾らですって~???

二日目はわざわざ飛行機に乗って、高雄までお人形を見に行った。
高雄には、女王さまご所有のお人形をお買い入れになったお店があるのだ。
そこでも女王さまのご乱行たるや、目に余るものが・・・ふるふる・・・だったのだが、こんなところで取り乱して日本の恥をさらしてはならぬ~~~。
あはれワタシのボーナスは、女王さまのお人形の支払いのために露と消えることが確定してしまった・・・。
女王さま、それは、ワタシのボーナスなのでございますよ~(滂沱)

ワタシのナミダとはうらはらに、女王さまにはタイヘンにご満足のご様子・・・。
勢い余ってご同行のお仲間がたが異口同音に「かわいくない~!」というQP仕様のお人形まで欲しいと言い出す始末。
サスガにそれだけは思いとどまられたようだが、しかしそれにしても、もそっと理性というものを持ってお買い物がお出来にならないのかしら・・・。

「一目惚れじゃぞえ~♪」

女王さま、お願いですから3分と置かずに次々と新しいお人形に一目惚れするのはカンベンして下さい~~。
というか、それは一目惚れではなくって目移りでございますぅぅ~~。
とうとう、ワタシの泣きが入ってしまった・・・。
ああ、女王さまには責任を取って、明日からしばらくはケンヤク生活をしていただかねば・・・。
たんぱく質はもっぱらお豆腐でお取りいただくことにしよう。
ええ、しばらくお肉なんて買ってくるものですか!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, November 20, 2005

ちょっと、そこまで・・・

女王さまがお出かけをなさるらしい・・・。
ちょっと、そこまで行ってくるぞぇ~で、パスポートを探しておられる…。
なにやらちょっと、よからぬことをたくらんでおられる気配…vv

シンパイなので、ワタシも一緒に行ってきます。
行き先は・・・

「飛行機に乗って2時間もかからぬぞよ~。東京に出るのと、いっしょぢゃぞぇ~。」

ってトコロだそうです・・・。
どんなことになるやら・・・vv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 15, 2005

通販生活のワナ!

ワタシは○天とかビッ○ーズとかから送られてくるEDMはメッタに開けない。
メッタに開けない・・・というか、ほとんど開けたことがなかったのだが、先日何かの間違いでつい、開けてしまった。
そこにはコーヒー屋さんの広告が載っており、通常1600円が1000円!ってカンジで、つい、魔が差して気が付いたらそれを買い物カートに入れていたのだ。
したらば、○天ポイントというのが、ナンと、その金額を上回るだけ蓄積されているではないか!
ってことは・・・ワタシはウマウマと、その初めてのお店のお買い物を、一円の身銭も切ることなく完了することができるのだ。
なんてらっき~♪

しかし、そのお店のその他の商品をイロイロ見ていると、200g×2で1000円というのは果たしてお徳なのかどうなのか・・・。
なんたって、タイガイが500g売りの4種類とか入って“お安くなってます!3000円”とかである。
しかし!
ここのコーヒー、いつも半額の日に買っているU○Cよりも割安である上に、今日なんぞお湯を注ぐとお豆が立ったのだ!
そして、“あ、今日のコーヒー美味しい”と、思わずつぶやいてしまったではないか。
・・・こうして、またしてもワタシは、通販生活の中に仕掛けられた巧妙なワナに、からめ取られてしまったのではあるまいか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, November 11, 2005

伊勢海老さまさまPartⅡ

本日の伊勢海老さまさま。


61


前菜とサラダを兼ねたスモークサーモンのサラダ


62


軽くポアレしてサフラン風味のクリームソースで

今日は、ソースもちっと丁寧に作った。
さいまきえびとアサリでワインを効かせたお出汁をとり、伊勢海老さまさまを軽くポアレして、いざ!クリームと合わせる段になって、お鍋がひっくり帰った。
声が出なかった・・・。
がびちょ~ん!!!

で、仕方がないので泣きながら冬眠していたブト海老の殻でとったスープにアサリ・サフランを入れて、急遽即席ソースを作る。
でも、その間にも伊勢海老さまさまは、どんどんと冷たくなっていかれた。
・・・ああ、無情TT

せっかくだから、伊勢海老さまさまに添えようと、シブレットだのディルだのセルフィーユだのがないか探したのだが、Y口というところのコープには、そのようなものは置いていなかった。
せいぜいがスペアミントとイタリアンパセリだった。
・・・ああ、無情TT

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, November 10, 2005

お届けは6時過ぎ・・・

本日、6時過ぎにナント、伊勢海老さまさまが届く予定!

なので、それまでにいろいろ準備しておかねばならぬことがあった。
まず、造り用に大根でつまを作る。
やっぱりかつらむきせにゃならんんだろう…。
造りだけでもアレなので、炊き合わせにもしてみよう。
かぶと舞茸があるので、それとあわせて・・・。
舞茸は下茹でしておかねば…。
でもって、お出汁をひいて…、そうそう、昨日いただいた作りたて生芋コンニャクがあるので、それもさっと炒めて土佐醤油でみりんで味をつけ、最後にお上品にも(笑)山椒を振りいれておく。

あらかた下準備が終わったところで、伊勢海老さまさまご到着。

59

なんとも生きのいい伊勢海老さまさま。
手足をばたつかせて最後の脱出を試みていらっしゃるのがおわかりいただけるだろうか?
この伊勢海老さまさまのおはらと頭の境目のやらかいところに包丁を入れ、あとは“えいや!”でアタマと胴体を捻りつつ引きちぎるのである。

ワタシはお出刃を持っていないので、ここからはキッチンハサミが重宝する。
足を切り落とし、胴体の左右を切り落とし、殻を剥いてさっと洗い、半分に割ってワタを取り除き、一口大に切り分けて氷水のなかに落としてゆく。
半分はお造りで、もう半分はさっと葛をはたいて炊き合わせにする。
あくまでも火を通し過ぎないように・・・。中は半レアが美味しいのだ。
そしてアタマはお味噌汁に。
ここでもキッチンバサミが大活躍!
それでも、限界というものはあって、頭の先っぽを二つに割るのは難しいのだった・・・。

ということで出来上がった本日の伊勢海老さまさまづくし。

60

「お天麩羅がないぞぇ~!」

女王さまには、それでもナニやらご不満があるご様子…。
しかし、今日の花園には卵がないのだ。
・・・というか、先週来卵が切れているのだが、これがなかなか補充できないのだ^^;
なので、天麩羅は却下!と相成った。

「この炊き合わせ、もう少し美味しそうに盛れないのかぇ~?」

だって女王さま、台になるものがないんですもの…。
そんなものでカンベンしてください。

「山葵やベニタテは~?」

「でしたら、カンブスをこう、さっと一絞りして、さっぱりさわやかに召し上がったらいかがです?」

「どうしてご飯は冷凍ご飯のチン!なのだぞぇ~?」

「女王さま、ワタシの手は2本しか付いていないのです。これだけの時間でこれ以上何が出来るというんです? ご飯を炊くなどという面倒なことをする余裕など、あるわけないぢゃございませんか!!!」

まったく、女王さまにはそこいらのところをもう少しお分かりいただきたいものである…。」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 09, 2005

本日のナヤミゴト・・・

58

今日、お花をいただいた。
なかなか素敵なアレンジメントである。
さっそく・・・。
しかし、アレンジでいただくというのも、なかなかいいものかも。
何より、生けなくってそのまま置くだけでOK!
花器を選ぶ必要もなければ、あれこれ思案する必要もない♪

しかし、一つだけ、とっても重大な悩みが生じた。
外でもない、このところ寒いので、夜はつい、ヒーターを入れるのだが、そうするとせっかくのお花が持たない。
しかも、それを回避しようと寒い部屋に置いたりしようものなら、いただいたことを忘れるかも・・・である。

う~む、やっぱり、月にくらくも花に風?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, November 06, 2005

通販生活

1そうよ! お街にいる時だって、ちょっとお買い物に行こうと思ったら電車代がかかったんだから、送料払うのも似たようなものよ!

そう思うと、つい、通販に頼った生活をしてしまう…。
今日は洋ナシとりんご、ついでにクラウンメロン…(笑

2女王さまには、殊のほかりんごがお好きであらせられる。
どのくらいお好きかというと、りんごの季節以外りんごはお召し上がりにならない。
しかも、生でお召し上がりになるりんごは“ふじ”と決まっている。
早速今日届いたりんごをむいでみた。

甘いは甘いが・・・欲を言えばもう一つ香りが欲しいぞぇ~。

まだちっと、時期が早かったか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, November 05, 2005

ウニは北浦

今日は、ナニがナンでもウニのクリームスパゲッティの気分だったのだ…。

55

お刺身盛り合わせ200円!の声に、つい…。
もう一品はカボチャのスープに使った手羽元とセロリ・玉ねぎのマリネ。
56

瀬戸内のウニ、生クリームにもこだわった逸品!
…になるはずが、スパゲッティがよろしくない…。
イタリアNO1スパゲッティだかなんだか知らないが、コシがなのだ!
やっぱり、ナミダをのんでディチェコを買うべき?
しかし、398円するのだ・・・。
おマチにいるときには178円で買ってたというのに・・・。
57

・・・というか、もうお腹がいっぱい・・・。

しかし、ウニはやっぱり瀬戸内よりも北浦のウニが美味しい!と思う。
現在は禁猟中で手に入らないのがザンネン…。
そうして、輸入モノ480円のウニでも上等と思った今日のウニのクリームスパゲッティだった。
・・・ちょっと悲しい(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 01, 2005

膝痛診断

内側が痛いのは胃腸が弱っているから。外側は肝臓、裏側は腎臓。

先日来、なんだか右膝の内側が痛かったので、いつもの整骨院のせんせ~に相談すると、上記のように教えてもらった。

「粗食にしなさいね」

…先週末、飽食の限りを尽くしたことを、この先生は見ていたのだろうか…。
ナイショにしているが、先週の金曜日には、田舎セレブ御用達のさくら亭という和洋折衷料理屋さんで、これまた…だったりしたのである。

しかし、膝が痛いのはその前からなのだが…。
理由は、多分去年の冬履いたままでほおっておいた靴のカカトかも…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »