« 目指せ!三ヶ月 | Main | 捕らぬタヌキのワンタン鍋 »

Wednesday, October 12, 2005

道草のち六白黒豚

43ここいらではちょっと高級げなスーパーちまきやには、ナマイキにも薩摩の六白黒豚が置いてある。東京ではもっぱら東京Xだったのだが、ここいらではトンと見かけたことが無い。最早、東京Xの味も忘れてしまったかも…。
このちまきや、何時もより五分ほど余分に自転車をこぐとたどり着くのだが、今日はその前につい、アーケードの中に露天果物売りのおいちゃんに捕まってしまった。
なんともりっぱな葡萄が置いてあったのだ。
つい、購入。この大きさで、お値段ナント!600円!
これは買わずばおられまい…。

思わぬ道草をくったが、六白黒豚求めていざ!ちまきやへ。
地下の食料品売り場へ下りて行くと、その入り口付近には、しょぼいお菓子専門店売り場がある。
決して、池袋の東武だの西武だの、新宿の伊勢丹だの、横浜の三越だののお菓子専門店売り場を想像しないでいただきたい。光が丘のリヴィンの数千倍はしょぼいのだ。
しょぼいのだが、何故かココには笹屋伊織が入っている。
笹屋伊織といえば、ムカシは烏丸大丸の笹屋伊織でトキドキ生菓子を買ったりしたものである。
・・・といっても、ちまきやの笹屋伊織には、生菓子なんて置いてない。
箱入りばっかりなのだがだがだが…ナント!今日はなんとかフェアで大福が置いてあった! おお~!
大福といえば、塩瀬の豆大福が美味しくて大きくてお安くて、大のお気に入りなのだが、ここいらではついぞ見かけることが無い(これもあたりまえなのだが…)
その代替にしては、お値段がお高くってちっちゃめなのだが、これが手を出さずにおかりょうか!
栗大福と豆大福、それに芋大福をつい、購入、しめて630円。

こうしてやっとお肉売り場にたどり着く。
せっかく遠くまで来たのだから、トンカツ用にも何枚かかって帰ろうかとも思ったのだが、今日はトンカツを作る時間がないので、やっぱり薄切りだけにする。
それと、六白黒豚のミンチを購入。
やっと、初期の目的を達成したのであった。

そうそう、ここにはトキドキ香菜が置いてある。
これもまたそこいらにはないので、一束買って帰る。
しかしこの香菜、一時にそうたくさん食べられるものでもなし、いつも途中で干からびてしまう。一度冷凍してみたこともあったが、バジルと違ってどうやら冷凍にはむかないようだった。
取り敢えず、明日は餃子にでもしてみようかしら…。
でも、粉を練ってる時間はないから、ギョ~ザの皮を買ってこなくちゃ…。
肉団子っててもあるわね・・・。

44で、今日の晩ご飯…。
去年会津若松に行ったときの郷土料理“芋焚き”を再現。ようは、豚汁の具がおっきいヴァージョンなのだが…。
今日の六白黒豚GETのための長い長い旅は、ジツにこのためだけに敢行されたのだった。
ちなみに他は、ワケのわからないフクの湯引き(280円)と、鮟鱇の南蛮漬け。
ちょっと、生野菜不足?

|

« 目指せ!三ヶ月 | Main | 捕らぬタヌキのワンタン鍋 »

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/6371374

Listed below are links to weblogs that reference 道草のち六白黒豚:

« 目指せ!三ヶ月 | Main | 捕らぬタヌキのワンタン鍋 »