« 瀬戸大橋 | Main | 本日のメロン »

Monday, September 19, 2005

阿波木偶人形の館

何故こんなところまで行ったのかと聞かれると、とっても困るのだが、阿波の人形浄瑠璃に使う木偶人形を展示しているトコロへ行った。
ワタシは今まで知らなかったのだが、西日本と関東の一部の地域では、木偶を“でこ”と呼ぶんだそうだ。
154最初に入ったのは十郎兵衛屋敷というところ。ココは、江戸時代前期にあらぬ罪を着せられて打ち首になった庄屋十郎兵衛というヒトと、そのヒトの家族がモデルになった浄瑠璃を中心に、阿波人形浄瑠璃の資料・・・というか、木偶やら木偶頭やらがいっぱい並べておいてあった。
特に、撮影禁止の札も見えなかったので、好き放題に写真を撮ってきたのだが、はたしてよかったんだろうか・・・(笑)

1日1~2回、近所のおばちゃんたちの公演もあるんだそうだ。
今回は時間が合わず、ザンネン・・・。

155次に阿波木偶人形会館へ。ここは、人形建という木偶頭の作家さんが作った人形会館で、木偶の展示もあるのだが、なにより木偶人形の出来るまでを時々サム~くなるギャグ?を交えながら説明してもらえるのがミリョク(笑)。
そんでもって、からくりの仕掛けなんかも見せてくれて、実際に紐を引っ張ったりとか、手を動かしたりとかさせてもらえるのだ。
しかし、展示してある木偶とか、からくり説明中の写真撮影は禁止。
ちぇ・・・ケチくさいの・・・。

作家さんのトコロがから、モチロン、木偶頭の展示販売もしている(笑)
首が動くだけの文楽人形サイズで50,000円位。瞼が閉じたり口が開いたりすると、180,000~250,000円。
モチロン首だけでケースの中に入っていた。
身体はドコに行けば手に入るのかは不明。

なかなか面白いトコロだった・・・(笑)
ちなみに、どちらも入館料400円。

|

« 瀬戸大橋 | Main | 本日のメロン »

~国内四国編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/6020853

Listed below are links to weblogs that reference 阿波木偶人形の館:

« 瀬戸大橋 | Main | 本日のメロン »