« 第三の朱文金 | Main | 日替わり御膳1050円 »

Tuesday, August 23, 2005

お幸ちゃまの執念・・・

58お幸ちゃまが今のオウチに移られた当初、そこは床下通路を挟んで表と裏が繋がっていた。お幸ちゃまはその床下通路を行ったり来たりなさって、御無聊を慰められたものである。
・・・決して、番をなさっていたわけではないところが、お幸ちゃまのお幸ちゃまたる所以であったりするのだが・・・。

59しかし、ある日突然お幸ちゃまの床下通路は閉ざされてしまった。お幸ちゃまのお口が、その災いを招いてしまったことを、お幸ちゃまご自身は恐らくご存知あるまい。いやむしろ、ある日突然そのような結果に至った理不尽を、ココロのそこから恨めしく思っておられたのではなかろうか。

60ベニヤ板でがっちり塞がれたその床下通路、お幸ちゃまはその前でむなしく日を送るばかり・・・。
きっとお幸ちゃまには、そのムカシその床下通路を通って表の世界と通じていた時代があったことなどお忘れになったに違いない。
そしてお幸ちゃまは、お裏のお犬となって・・・。


しかし! お幸ちゃまはあきらめてはいなかった!

62

なんと、お幸ちゃまには表への執念を忍耐に替え、再び表のお犬に返り咲くべく、深謀遠慮で臥薪嘗胆の捲土重来を期していたのである!

63 そしてその時は来た!
ベニヤ板を取り払い、物置と化して久しいかっての床下通路に積み重ねられた数多の障害物を、これまた女王さまには決してお持ち合わせでない粘り強さで一つ一つ放り出し、そしてついに、おこうちゃまがお通りになるのに不自由しない空間を確保されたのである。

・・・しかし、天道は是か非か、お幸ちゃまの床下通路の表側出口には、お幸ちゃまには逆立ちしたって如何とも為すすべないフタが置かれていたのである。
それは、お幸ちゃまのお口がもたらした傷跡を衆目から隠蔽するために、そこに置かれることとなった小型物置・・・。
因果応報、輪廻はめぐる・・・お幸ちゃまにかっての華麗なる床下通路生活は戻ってこなかった。
しかし、御仏はお幸ちゃまに一片の慈悲を垂れたもう・・・。
僅かに、おこうちゃまがお顔を突き出すくらいの隙間が、そこには残されていたのである。

64お幸ちゃまはそこから表の世界を窺い、時にそこでお客様にご挨拶など遊ばされたりする。
勿論ご挨拶遊ばされるのは、屋内に人の気配をお感じになってのことではあるが・・・。
凡その場合は、鼻先だけお出しになって様子を窺っていらっしゃるご様子で、恐らくそのお心のうちでは、得意の“ボクはお留守でしゅ・・・”をつぶやいておられるに違いないのだが・・・。

しかしお幸ちゃまにはこのかっての床下通路にいたくご満悦のご様子で、今ではそこをお幸ちゃま専用のお居間にしてしまわれた。
お散歩じいやがお呼びしたところで、ひねもすのたりを決め込んだお幸ちゃまには、お顔をだにおあげになることはない。
今夏お幸ちゃまは、心身ともに非常にご満足の夏を、それはそれはカイテキに過ごしていらっしゃるのだった・・・。


|

« 第三の朱文金 | Main | 日替わり御膳1050円 »

女王さまのお犬」カテゴリの記事

Comments

sakurakoさん、こんばんは。
幸太郎君の秘密基地、完成に至るまでには、
なんとも涙ぐましい努力があったのですね。
幸太郎君のなんとも誇らしげな、そいでもって嬉しそうなお顔は、その努力の賜物なのですね。
ますます、お幸ちゃまのファンになってしまいました♪

Posted by: haltaro | Tuesday, August 23, 2005 at 23:12

haltaroさま、いらっしゃいませ。
そうなのです、今回お幸ちゃまは、ジツにジミチな努力を重ねてヒミツ基地を完成させたのです。
そんなお幸ちゃまに、もうすぐ新しいおうちへお引越しの時が迫っていることは、ジツはまだナイショなのでした・・・。

Posted by: sakurako | Tuesday, August 23, 2005 at 23:33

幸太郎くんは粘り強いでしゅ。
ぼくはだいたいのことはすぐに飽きてしまうのでいたずらも一通りやってしまうとだいたいがほったらかしですよー。
幸太郎くんすずしー残暑をお過ごしくださいです。

Posted by: 晋作 | Thursday, August 25, 2005 at 20:03

晋作君、さばさばすっきりなご性格でしゅね!
でも、ボクはどうやらケッコウ覚えてるほうみたいでしゅ・・・。
特に、意地悪されたこととかは三歩歩いてもちゃんと覚えてて、三年たってもわしゅれませんよ~♪

Posted by: こうたろう | Friday, August 26, 2005 at 20:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/5602324

Listed below are links to weblogs that reference お幸ちゃまの執念・・・:

« 第三の朱文金 | Main | 日替わり御膳1050円 »