« 三匹のほたる | Main | 更新しました »

Saturday, June 04, 2005

翠山の湯~長門峡

44昨夜9時過ぎ、り○ぞーちゃんが到着、そのまま一緒に満天の湯に向かう。
が・・・明かりがついていなかった。12時までのハズだったのだが・・・。
で、今朝は湯田温泉の翠山の湯からはじまったのだった。
ここは山水園という旅館の立ち寄り湯で、源泉かけ流し。湯の花がぷかぷかしてたり、硫黄臭があったりで、いかにも温泉!ってカンジで、なかなかよかった。
入浴料1600円とお高めだが、回数券だと10枚10000円なので、満点の湯や他の湯田温泉の立ち寄り湯施設とおんなじになる。
しかも、タオルは使い放題、アメニティもケッコウ充実なので、同額と思えばかなりオトク感があったりする。
ということで、回数券を買ったので、またいかねば(笑

その後、一路長門峡へ。
目的は、道の駅で阿東牛のお昼ごはん。

05
ステーキ丼と鮎料理、どちらも2100円

鮎料理の手まりの中は、白子うるかだった。鮎雑炊は天然であることを謳っていたが、これは、鮎雑炊のモトがある風なお味のように思った。
せごしはポン酢でいただいたのだが、これはなかなかよかったような・・・。塩焼きも美味であった。小鉢の鮎せんべいもカラリとケッコウなお味で・・・。
ステーキ丼は、阿東牛を鰻のタレで味付けしたカンジだったが、これはこれでなかなか美味しかったのであった。

その後、しばらく長門峡散策。。。

05

空模様が怪しくなってきたので、ワタシたちはオトナの適切な判断でショートコース折り返し地点まで行ったところから引き返した。
決して、体力が続かないからってコトではなかったのだった・・・vv(笑
なかなか楽しいお散歩だった。

この長門峡の入り口のところに、ちょっと専門店らしいたたずまいの鮎料理のお店があった。
お店の前には鮎の生簀もあったりした。
今度は、道の駅ではなくこちらのほうで鮎料理をいただいてみよう!
そう心に決めて、今晩のしゃぶしゃぶのお肉を買い、花園へと戻ったのだった。

ところでワタシたちの適切な判断であるが、ちょっとくもってパラパラ・・・としたかな?と思ったら、ホンキで振り出すこともなく、また晴れ間がのぞいたりしたのだった。
でも、君子危うきに近寄らずっていうし・・・(笑

|

« 三匹のほたる | Main | 更新しました »

~国内中国編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/4412077

Listed below are links to weblogs that reference 翠山の湯~長門峡:

« 三匹のほたる | Main | 更新しました »