« たけのこ! | Main | カフン・カフン・カフン・・・ »

Sunday, March 06, 2005

弁天池

人間国宝の会というのに、山を越えて行った。
前から2列目だったので、表情まで良く見えたのはよかった。
茂山千作・竹本住太夫・桂米朝・中村鴈治郎のみなさんだった。
しかし、人間国宝の方々は、だいぶん枯れておられた。
しかし、鴈治郎はすごかった。地唄舞「水鏡」、齢70を越えた鴈治郎が、少女のように見えてしまった。
恐るべし・・・。

pic_0000.jpgその帰り、弁天池というところに寄った。
弁天池、聞いたときにはどんなおっきな池だろうと思ったのだが、“それです”といわれてちょっとガックシ。
きれいでしょ?と言われて、このちっちゃい池がぁ~と思いながら覗き込んで、思わず歓声を上げた。
なんという水の色・・・。
青みがかったそれは、その池が相当な深さであることを示している。
しかし、底がはっきりと見えているのだ。そしてそこに、空が鏡で映したようにくっきりと映っているのだ。
この感動は、ジツブツを見てみずんばわかるまい。

そこは、日本名水百選にも選ばれているところらしく、北九州から水を汲みに来ている人もいた。
ペットボトルでお水を汲んで、帰って早速お茶を淹れてみる。
・・・まったりと舌に絡みつく、やわらかな水である。
こりゃ、ええ。

そこは、弁天池の水を利用したマスだのコイだのの養殖が行われているらしく、そのテの料理を出す店が何軒か軒を連ねていた。
今度ゆっくりコイでも食べて、お水を汲んで帰ろう。

05.3.6

会場が長門だったので、長門ではソコソコのケーキ屋さんでケーキを買ってきた。二度目なのだが、女王さまにはやはりちょっと、ご不満があるらしい・・・。

|

« たけのこ! | Main | カフン・カフン・カフン・・・ »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

爛漫日記/イベント編」カテゴリの記事

~Sweets編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/3195591

Listed below are links to weblogs that reference 弁天池:

« たけのこ! | Main | カフン・カフン・カフン・・・ »