« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

Thursday, March 31, 2005

8000円

先日の御会食のお値段がわかった。
8000円だそうだ。
お味は悪くなかったのだが、8000円だともっとボリュームがあってもいいのではないかと思ってしまった。
どうやら、皆さんおんなじ思いでいらっしゃったらしい・・・。

アマダイの入った桜蒸しは、なかなか美味しかった。
アマダイというのは、どうもこう、匂いが気になることのある魚なのだが、それもなかったし・・・。

今日はこれから、ちょっとお出かけである。
化粧品が、今日・明日に限り25%引きなんだそうだ。
この25%というのは、決して侮れない金額である!
ということで、ちょっとがんばって行ってこようと思う。
帰りにお蕎麦でも食べてこようかしらん・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 30, 2005

女王さまのお人形

36 女王さまのお守りじゃ、たそがれちゃいますよねぇ・・・。

この間の女王さまのお人形、一部にはコワい!あるいはキモチワルい!と忌避する方がいる一方で、なかなか寛容にも・・・というべきか、ウケてくださった方もいるようだ。
面白く思し召されたのか、次を期待していらっしゃるカタも、どうやら複数いらっしゃる模様・・・^^;

今日も今日とて女王さまにはお人形遊び・・・。

「ほら~、美味しそうなケーキじゃぞぇ~。
ムカシはこのように美味しげなケーキも、ショッチュウ買うて来ておったのじゃが・・・。サイキンはケチになって、ちっともケーキを持って帰ることがない!
たま~に持って帰ったかと思うと、これがまた、どうしようもないシロモノだったるするのじゃぞぇ~。
わらわはナンとツラいことか・・・。
この本のパティスリーも、渋谷に出店があるのじゃから、ちょっと行ってくればいいと思うであろう?」

37
それは無体な!と、いってくださいぃ~(ナミダ・・・)

女王さま、飛行機利用で4時間かかるところには、“ちょっと”やそっとでは行けません!
だいたい、どうしてお人形をダシにワタシにあてつけるんですか?
それでなくても、ワタシには胃の痛いことが山積だというのに・・・。よよ・・・。

・・・と、泣きまねをしても、女王さまにはまったくもって届かないのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 29, 2005

割烹ひさご

pic_0079.jpg pic_0080.jpg pic_0081.jpg pic_0082.jpg pic_0083.jpg pic_0084.jpg pic_0085.jpg pic_0086.jpg pic_0087.jpg pic_0088.jpg
Y田温泉にある割烹ひさごで御会食。 ポン酢がミョウに甘いだの、お醤油もミョウに甘いだの、いろいろとココロに映りゆくよしなしごとはあったのだが、気が付けば残さずいただいていた。 ここいらに来てからのなかでは、今日のところが一番良かったのではなかろうか・・・。 夜のおまかせは5000円~。 今日の料理がいくらだっかかは・・・ナゾである。 しかし、なんか、最後まで行ってももの足りなさを覚えてしまい、帰りがけコンビニへ。 最近行ってなかったので知らなかったのだが、ハーゲンダッツのパルフェなるものがあった! カスタードプリンと最後までまよったのだが、このパルフェのベリーベリーを買ってみた。 これもまた、甘いものが欲しいときには悪くはないのではなかろうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 28, 2005

甲斐犬!

pic_0000.jpg   pic_0000.jpg
昨日(おとつい・・・笑)山を越えて行ったトコロのお蕎麦屋さんに、見たことのないお犬がいた。 なんとなく、この毛色は・・・。 聞いてみたら甲斐犬だった。 どっかで写真を見たコトはあったんだけど、ジチブツは初めてである!

やる気なさげにのたりモードのお犬だったが、お写真撮らせてね~と近づいて行くと、立ち上がってお尻尾をふってくれた。
なんとなくイイコして欲しそうだったのだが、写真を撮らせてくださいとヒトコト飼い主さんに断ったときに、触らないでくださいと言われたので、ゴメンね・・・。
まぁ、言われなくともワタシは、他所さまのお犬に触ることは殆どないのだが・・・。

このお蕎麦屋さんでは、PP肉なんかも売ってたりしたけど、この甲斐くんも猟に行くのかしら・・・。
最近、猟に行くお犬には、迷子札の代わりに発信機をつけているそうな・・・。
そこいらは徳地というトコロなのだが、なんともステキに山が連なっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 25, 2005

おかしいコトだらけ

05.3.25-1
雪が積もっていた。 クレイジ~だと思うのは、ワタシだけではないハズ・・・? だって、早い年ならそろそろ桜が・・・ってコロなのに・・・。

05.3.25-2今日はもう一つ、おかしなコトがあった。
女王さまが、花を入れたのである。
はっきり言って、女王さまには、“お花”というものがジツはお嫌いでいらっしゃる。
それが、ナニを思ってか、いきなりお花、である。
しかも、逆勝手モドキ・・・(笑)
明日は、赤い雪が降らねばいいが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, March 24, 2005

春の嵐・・・

お彼岸も過ぎてから、前が見えないほどの吹雪にあおうとは・・・。
しかも、こんな西のはじっこで、である。
いったい、誰が想像し得たであろうか、いや出来ない!

ということで、今日は寒いから、すき焼きにしようと思う。
でも、新玉ネギが美味しそうだったので、白ネギを半分にして、両方入れてみる。
春だわ~^^

「これ!さくらこ! この、カタい肉は、なんじゃぞぇ!?」

「はい、黒毛和牛でございますよ。」

「なんで、こんなにカタいのじゃ!!! 飲む込むまでに、ゆうに一分は咀嚼しないと、喉につかえてオオゴトになるではないか!!!。」

「ですが女王さま、コマギレとは、元来そうしたものなのでございます。」

「こ~ま~ぎ~れ~??? ナンですき焼きのお肉が細切れなのじゃ! すき焼きはロースと決まっておるぞぇ~!」

「ですが女王さま、この間、人形町今半の一番高いロースを花園全員で堪能するほど食べたって食べきれないほどの金額を、ワケのわからないお人形さんに次ぎ込んだ方がいらっしゃいまして、そのせいで花園は今、ちょ~支出過多の不健全財政に陥ってしまったのです。本来ならば、すき焼きなんぞ食べてるバヤイではないのですが、今日はあまりに寒かったもので、つい・・・」

がらがらぴっしゃーん!

「ん? ナニか、カミナリが落ちたようだぞぇ~。」

「女王さま! あなたのことです! きいていらっしゃるんですか?」

「そんなこと言っても、1人ではお人形もさびしかろう?」

はぁ~?

アナタというヒトは、いったいナニ考えてんですか~(滂沱

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, March 22, 2005

おしまい・・・

とうとう、チューリップがおしまいになってしまった。
このところ、やっぱり寒かったのでいつも暖房をつけていたら、あっという間に花が済んでしまったのである。
せっかくなのだから、もう少しゆっくりしてくれれば良かったのだが・・・。

16それとは関係ないのだが、お幸ちゃまには、怖くて怖くてたまらないおじちゃまがいらっしゃった。
そのおじちゃまを見たら、それこそ必死で逃げなければならなかったのだが、おじちゃまが一晩お泊りすると、どうやら身内であることが理解できたらしい。
どうやらお幸ちゃまは、それなりに人間観察をしていらっしゃるようである・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, March 19, 2005

おママゴトも・・・

「女王さま、このお人形のドコがそんなにいいのか、ワタシにはわかりかねております・・・。
どう見ても、オジサンなのに、アイラインとかバチバチで、マスカラはパープルとか塗ってるし、アタマにはミョウチキリンなギボウスのようなものがのっかってるし、お口はへの字ですよ・・・。
そりゃ、どう見たって“ウツクシイ”とは言えないでしょう・・・。」

これは、ワタシだけの意見ではない。言うと言わずと、恐らくは花園における、約2名を除いたすべての総意であろう。いや、総意であるはずだ。
どうして女王さまには、こんな御酔狂をおはじめになったのか・・・。
ムカシからお人形遊びよりも、竹を撓めて弓を作り、棒切れを振り回して、
“やあやあ遠からんものは音にも聞け!近くば寄って目にも見よ!吾こそは・・・”と、
レトロな戦争ごっこのほうに興じていらっしゃったというのに・・・。

「どこが美しくないのぞぇ~? どこから見ても、むふふ・・・であるぞよ~」

ああ、女王さまのお目は曇ってしまわれたのか・・・。

「NORAにお写真を撮らせたら、これまたもっと、アヤしくなるのだぞよ~♪」

写真に撮らなくても、十分怪しすぎマス!(涙)

「そうじゃ、SAKURAKOにも見せてつかわそうぞぇ~」

05.3.19-1
枝毛が気になります?

05.3.19-2
こんなところまで来てしまって、帰りたいでしょ?

・・・。
そりゃ、この間ワタシが撮った記録用の写真とはちと、写り方が違うかもしれないが、それは本質的な問題ではございません!

だいたい、女王さまには、この5月に以前ご注文になった葉山有樹氏のお煎茶セットが出来てしまうことを覚えておられるのだろうか・・・。
この間の茶壷(茶心筒)といい、最近はママゴト道具にご興味をもたれてしまったとムネを痛めていたヤサキの、このお人形である。
シーズン柄世間のあちらこちらでは、お大名のお雛道具が展示されたりしているが、この一連の女王さまのおママゴト道具だって、腐っても女王さま道具だけに、にっこりわらって“よろしゅございますね~”とは、決して言えないのだ・・・。

ちゃんと内職しなくっちゃ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, March 17, 2005

お人形遊び。。。

この間の女王さまの国際送金US$906が、姿を変えて帰ってきた。
なんと、女王さまには、御道楽にコト欠いて、お人形遊びを始めようというのだ・・・。
しかもこのお人形、どう見てもいわゆるアンティーク・ドールの類ではない。
髪の毛のクルクルっとした、赤い唇の愛くるしいお人形ではないのだ!

これは、どんなに贔屓目に見てもオジさん・・・しかも、総白髪である。
ナンというご趣味であることか・・・。よよ・・・。
それでもって、手とか動くのである!
まぶたも閉じたりする! うわ! きょわい~ーー;

05.3.17

しかし、女王さまにはなんとも嬉しげであらせられる。NORAまで一緒になって、遊んでいる。
ナニやらこれまたワケの分からないオブジェのようなものを使って、このお人形にポーズのようなものを付けていらっしゃるのだが・・・。
あ、オブジェが壊れた・・・。
どうやら、手の操作棒を突っ込むトコロが、無理な動かし方をしたせいで取れてしまったらしい。
これは、お人形が壊れる日も近いのではなかろうか・・・。

ああ、これから女王さまにはどうなっていかれるのか・・・。
ものすご~っく、不安な今日この頃である・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 16, 2005

咲いた~咲いた~♪

05.3.16

待望のチューリップが咲いた。
ちょっとはかなげな姿だが、咲いただけでも立派なものだ。
なんとなく、顔色が悪いような気がするのは、やはり日当たりがわるいからかしら・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

博物館って観光施設?

15日の朝日新聞某地方版に、「萩に二つ目の「維新」施設構想 埋没?それとも相乗効果」という署名記事が出た。
要は、萩に二つも明治維新関係のハコモノは要るんかい?ってコトなのだが、そもそも萩博物館は「維新」施設なのか?というコトは置いといたとしても、歴史系博物館を「観光客呼び経済波及も」期待できる施設であるべきという前提は、どうなのかしら?
博物館というのは、アミューズメントパークではなく、知識や教養を拾いに行くところなのだから、そういうことに関心のない人には、どんな施設も退屈なハコに過ぎない。観光客誘致が目的の施設だったら、そりゃ歴史系博物館を作っちゃイカんでしょう(笑)

それはさておき、ワタシが言いたかったのは、少なくとも税金使って建設される博物館的な施設について、それを観光施設としてしか認識出来ないような思考回路は、ちょっと寂しいんじゃない?というコトである。全国の博物館・美術館がリストラを迫られている昨今だけど、日本の文化水準って、しょせんこんなモノなのかしら・・・。
そりゃ、経営が成り立たない観光施設はいらんでしょう。でも博物館って、本来タダの観光施設じゃないハズなのよ。(成り下がってるトコロもあるけど、ね)
この署名記事を書かれたお二人には、もちっと、見識を持って博物館の機能とか役割とかをお勉強していただきたいと、切に願う今日この頃・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Monday, March 14, 2005

お幸ちゃまにも3年

05.3.14

世の四国犬には、“優秀な番犬”という特性がオプションとして洩れなく付いているらしい。
しかしながらお幸ちゃまには、これまで凡そ音なしの構えであられた。
おおらかでいらっしゃるから、細かいことには頓着されず、したがって善良な訪問者が来たときにはお仕事をなさらない、というのならまだしも、その善良な訪問者に怯えて、ご自身のお部屋に逃げ込み、震えておられたのであるから、いやはやナンとも・・・申し上げようがなかったりしたわけである。
たとえ深夜に見知らぬ車が入ってきたとしても、心の中で“ボクはお留守でしゅ・・・”を念じ、身体を丸めて震えていらっしゃらねばならなかったのである。
よしんばおシゴトをなさることがあったとしても、それは花園内に人の気配を感じて初めて、ワンワンとご挨拶をするくらいのものであった。

それが、ナニを思われたか、この一月程お幸ちゃまにはオシゴトをなさるようにおなり遊ばした。
最初は5回に2回くらい、ワンワンと仰せになっておられたに過ぎなかったが、この2・3日は、お散歩じいやが「あれはお疲れになる」と心配するほどのオシゴトぶりである。
それも、ピンポンが鳴らなくても、お幸ちゃまのワンワンに導かれてお玄関に行くと、そこにお客様がいらしているという奇蹟のような出来事が続いているのだ!

05.3.14-2お幸ちゃまの御養育を押し付けられて難儀されたおきな丸ぎみも、3歳になるまでは、そのワン!に懸賞のどら焼きがかけられた程であった。
しかし、3歳におなりになるや、それはそれはご立派にお勤めを果たされるようになった。
「花園のお犬は賢い! 留守の時は鳴き方が違う。」
普段はご挨拶程度に一声・二声お鳴きになるだけだが、留守の時にはまさに“獲って食う!”とばかりのお仕事振りでいらっしゃったということだ。
このことがあったので、女王さまをはじめ花園では、お幸ちゃまも3歳になったらきっと、立派にお仕事をされるものと、他所の四国犬が幼少の頃よりけな気にお留守番を務める様など耳に入ったとしても、3つまではと希望を持っていたのである。

しかし、去年の11月7日で満3歳を迎えられたお幸ちゃまには、トンとその気配がなかった。
相変わらず、善良な訪問者の気配に、お部屋に逃げ込む日々が続いていたのである。
お幸ちゃまは、やっぱりお幸ちゃまであらせられたか・・・。
花園にそんな諦観ムードが漂い始めた。
そんな矢先、お幸ちゃまが変わったのである。
花園に、プロジェクトX的感動が、ジンワリと、しかし確実に広がって行く。
とうとうお幸ちゃまにも、オセにお成りる日がやってきたのだ。

感無量。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, March 13, 2005

一枝の春・・・。

05.3.13女王さまのお手植えハイドロカルチャーもどきは、ポトスも枯れるオソろしさなのだが、その苦難に耐え、チューリップがつぼみを付けた。
もっとも、ココに至る道のりは、決して平坦ではなかった。
植えてから一月経っても芽が出ないと、ポイ!されてしまった球根もあった。
思えば、あれは植えた時期が早かったので、まだ芽を出す時期ではなかったようにも思う。

今日もちらちら雪が舞う。
空中庭園の二十日大根はどうやら寒と水不足で絶滅したようだ。
地球は温暖化しているハズだが、今年はどうしてこうも雪が降るね?
しかし、このチューリップは、確かにもう、春が来ていることを教えてくれる。
まぁ、チューリップに教えてもらわなくても、花粉センサーは2月から敏感に反応しているのだが・・・--;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, March 12, 2005

おそろしや・・・

車のフロントガラスが黄色く曇っている。
降り積む花粉のせいである。

今日は雪もちらちらしていたが、花粉の量もハンパじゃなかったような気がする。
気温が低いから、あんまし飛ばないって言ってたのに・・・。

今日、女王さまが注文したと思われる4連スクリーンが届いた。
箱に入っているときから、スゴいにおいだった。
ラッカーの匂いなのだが、どうにかなってしまうかと思ったホドである。
仕方がないので、一番奥のお部屋でしばらく匂い抜きをすることにする。
しかし・・・廊下に出ると、そこはもう・・・。

こんなミョーなお買い物は、ツツしんでいただかねば・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 11, 2005

昨日の文楽

05.3.11昨日は、文楽を見に行った。
文楽を見たのは初めてだったのだが、眉毛が動くのだ~!
演目は、「艶容女舞衣 酒屋の段」「義経千本桜 道行初音旅」
この間の義太夫も、あまりの理不尽さにキブンが悪くなったが、今回の世話物もまた、キブンが悪くなるようなハナシだった。
この、江戸の情念の世界というのは、ワタシにとっては全くもって理解不能である。
これにくらべたら、女王さまがいつもご覧になっていらっしゃる台湾の文楽?(でも、眉毛は動かないわね・・・)のほうが、まだ随分と理解できるゾ!ってカンジだった。
しかし、一緒に行ったT嬢の、「三勝のヒトがきれいな顔しちょったから、人形見んとその顔ばっかりみちょった」というコトバに、そうか~!誰しもそうなのね~!と納得(←おいおい^^;)

今日は、何ヶ月ぶりかで電気香炉が復活を見た!
接着剤を買いに行ったホームセンターで、この間からいくつも薬局を回って見つからなかったライオンのウエットフィルターを見つけた。
・・・買い占めた。
といっても、そこにあった詰め替え用6個と、マスク付2個を買っただけだが・・・。
ホカにも探しているヒトがいるかもしれないから、一つくらいは残しておこうという仏心は、とうになくなっていた。しかも、298円とこれまでのなかで一番安かった。
でもちょっと、ココロが痛まないでもないかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 09, 2005

花粉症克服術!

このところ、毎日お昼には自転車で約5分の道のりを往復していたのだが、昨日など、午後から最悪のコンディションとなり、熱まで出る始末だった。
ハタ!と思ったのだが、もしかしてそれって、花粉が最も多く飛散する時間帯ではなかろうか・・・。

ってコトで、今日のお昼は人民食堂でラーメン250円。
一歩も外に出なかったら、ナントこれが、昨日とは大違いの絶好調である!
ホントウに、昨日はどうなるコトかと思ったのだが、これなら、もう少しマスク仮面でなんとかなりそう・・・。

しかし、人民食堂でのお昼は、ナカナカ体に悪そうなうえに、味覚がどうにかなってしまいそう、というリスクもあったりする。
展望レストランだと、もう少しマシかも知れないが、定食が680円だかになってしまうので、先日女王さまの浪費が発覚した今となっては、とてもとても・・・。
それでなくとも、診療費だの薬代だの毎日のマスク代だのと、ナニカとモノ入りな季節なのに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 08, 2005

今現最大のナゾ・・・。

夕べはマスクをして寝たにもかかわらず。今朝は右の鼻がとおらなくなっていた。
一日中ぼ~っとして、ナニをしても集中力ナシ。
シルヴィもおんなじらしく、お米を買いに行って、家の前で思いっきりカドッコのところで下腹を打ちつけたらしい。コンコリートのカドがそれはびっくりするくらいえぐれていたんだケド・・・。怒られないかしら・・・ドキドキ・・・。

明日も、こんなカンジなのかしら・・・。
整骨院に行きたいんだけど、注意力散漫で途中でナニがあえうか分からないから、取り敢えずカイロを貼ってごまかさなくっちゃ・・・。

オシゴト帰りに何時もの病院で、アレルギーのお薬をもらってきた。
ココの先生は、50過ぎだと思うのだが、いつもミッキーマウスのネクタイをしている。
この間は黄色だったが、今日は紺色だった。
そこは、小児科だったりもするのだが、子供を意識してのミッキーだろうか・・・。それとも、趣味なのかしら・・・。
今現最大のナゾだったりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 07, 2005

カフン・カフン・カフン・・・

今日あたりから、カフンが相当飛散している。・・・ような気がする。
もう20日程、マスク仮面の生活だが、今日は目がやられた。
コンタクトを入れるなど、もってのホカである。
明日は、目薬をもらって来なければ・・・。

朝起きてみると、鼻がふさがり息が出来ないばかりか、唾が飲み込めないくらいに喉が痛い・・・という経験を数年繰り返すと、ちょっとは知恵がついてマスクをすることを覚えた。
最近は、ウエットフィルターがお気に入りで愛用していたのだが、ナント!ここいらにはもう入荷しなくなってしまった。
今年の新商品でもなし、花粉の大量散布が予測されていたにもかかわらず、何故この時期からメーカーが品切れを起こすのか?
そもそも、このウエットフィルターを知ってる人が、このあたりには少ない。
今日も、ウエットフィルターを求めて、違う大手薬局に行ってみたのだが、そこのおねーさんは“聞いたことがない”という。
もう、ヤんなっちゃうわ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, March 06, 2005

弁天池

人間国宝の会というのに、山を越えて行った。
前から2列目だったので、表情まで良く見えたのはよかった。
茂山千作・竹本住太夫・桂米朝・中村鴈治郎のみなさんだった。
しかし、人間国宝の方々は、だいぶん枯れておられた。
しかし、鴈治郎はすごかった。地唄舞「水鏡」、齢70を越えた鴈治郎が、少女のように見えてしまった。
恐るべし・・・。

pic_0000.jpgその帰り、弁天池というところに寄った。
弁天池、聞いたときにはどんなおっきな池だろうと思ったのだが、“それです”といわれてちょっとガックシ。
きれいでしょ?と言われて、このちっちゃい池がぁ~と思いながら覗き込んで、思わず歓声を上げた。
なんという水の色・・・。
青みがかったそれは、その池が相当な深さであることを示している。
しかし、底がはっきりと見えているのだ。そしてそこに、空が鏡で映したようにくっきりと映っているのだ。
この感動は、ジツブツを見てみずんばわかるまい。

そこは、日本名水百選にも選ばれているところらしく、北九州から水を汲みに来ている人もいた。
ペットボトルでお水を汲んで、帰って早速お茶を淹れてみる。
・・・まったりと舌に絡みつく、やわらかな水である。
こりゃ、ええ。

そこは、弁天池の水を利用したマスだのコイだのの養殖が行われているらしく、そのテの料理を出す店が何軒か軒を連ねていた。
今度ゆっくりコイでも食べて、お水を汲んで帰ろう。

05.3.6

会場が長門だったので、長門ではソコソコのケーキ屋さんでケーキを買ってきた。二度目なのだが、女王さまにはやはりちょっと、ご不満があるらしい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 04, 2005

たけのこ!

昨日のタケノコは、さっと焼き色を付けて醤油をからめ、山椒で香りを付けた。
それは美味である。
タケノコの甘み、ほっくりした栗のような味わい・・・。
これは、かなり美味なタケノコなのではなかろうか・・・。

タケノコを山椒風味の醤油で焼くついでにお肉も焼いて、これまた美味美味。

ここいらには、チシャナマスという料理があるらしい。
それは、チシャ菜を酢味噌で和えるんだとか・・・。
ってコトで、先日花園から送られてきたグリーンリーフを酢味噌で和える。
これにフロフキ大根と、今日もキブンが悪くなるくらい食べてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, March 03, 2005

たけのこ

T嬢が、ハツモノだというタケノコをくれた。
はっ!写真でも撮っておけばよかったのだが、即行糠がなかったのでお米をちこっと入れて、茹でてしまった・・・。
しばらくすると、あま~いタケノコの香りが漂ってきた。
ちょっとアタマを出しただけくらいのタケノコなので、これはきっと美味しいハズ・・・。
焼いて、さっとおしょうゆぬって食べても美味しいかも・・・。
明日が楽しみだわ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 02, 2005

あなたといふヒトは・・・

昨日、女王さまが沖縄からご帰還遊ばされた。
今日は、マッピルマっからシルヴィと一緒にお出かけ遊ばされた。
不安・・・。
女王さまが、わたしにあれこれお命じにならずにオンミズカラものごとを処理される時というのは、ナニかよからぬコトをたくらんでおられるときなのだ!

帰ってきたシルヴィをつかまえる。
「何処行って来たの?」
「郵便局。」
「ナニしに?」
「さぁ~。なんだか、国際送金がどうとかって・・・。」
「はぁ~? こ~く~さ~い~そ~う~き~ん~???」

すると、机の上にポイッ!と置かれた紙が目に入った。ナント・・・

USD906!!!


この法外な値段はいったい・・・。
この財政状況の厳しき折柄、来年度の予算では、トアルトコトの歳入が、明らかに今年度比40%OFFになるというのに・・・。

ああ、ムネがい、いたひ・・・。
今晩は、せっかくT嬢がくれた冷凍松茸のご飯だというのに、喉を通らないかもしれない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 01, 2005

おでんでんでん・・・

先週木曜日に仕込んだおでんが、月曜日のお昼になってようやっとなくなった。
その間、ずっとご飯の時にはおでんを食べていたような気が・・・。
途中目出度くおだいも入った。
このおだい、別園から届いたおだいだったのだが、スコブるジューシーで美味であった…。

女王さまがいらっしゃれば、毎日おでんというわけにもいくまいが、今日もまだ沖縄辺においでのはず・・・。
食事がよろしくないとナキのメールが入っていたが、その後如何されたかしら。
明日・・・いや、もう今日なんだけど、もう3月・・・。
時の経つのがあまりに早すぎて、もう、明日から内職にいそしまなくっちゃ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »