« 信じられないこと・・・ | Main | 雪の降る朝 »

Sunday, February 20, 2005

真夜中の甘い誘惑・・・

05.2.20

夕べ、10時を回ってからフルーツケーキを焼いた。
ここいらでは、無塩の発酵バターなんぞ見ることないと思っていたら、ナンと、あったのである。
それは、よいものをお安くをモットーに開発された一連の商品の一部であって、決してブランドバターではないのだが、発酵バターというのがもう、感無量・・・。

で、早速買って帰って、その夜、試作第一号となったワケである。

中に入っているのは、もう2年・・・いや、それ以上かも・・・ってくらい長い間ラムに漬けてあったイチジク・アンズ・クランベリー・プラムとクルミちゃん。クルミちゃんはローストしてから刻んで入れるのがお約束。
ホントはレーズンとかも欲しいところだが、如何せん、無いものはないんだから、仕方あるまい。チェリーは、別園の冷蔵庫の中にシロップ漬けになったものがあるが、これまたどうにも間に合わないんだから、ならぬものはならぬものです!の世界なのであった。

夜中にそれはそれはいい匂いが花園内に充満したが、バターケーキは焼き立てではどうしようもない。焼き上がりにたっぷりラムを塗って、後は時間の経過にお任せして、なじんでいただくより他にない。

というコトで、甘い誘惑を振り切り就寝、そして今日、朝のお茶の時間に目出度く試食と相成ったのであった・・・。
結果は・・・まだお酒が勝っていて、もう少し置かないとバターの味が云々というのはわからないんじゃないかと思う。しかし、お味は悪くないのではないかしら・・・ってカンジかしら・・・。

|

« 信じられないこと・・・ | Main | 雪の降る朝 »

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/3006123

Listed below are links to weblogs that reference 真夜中の甘い誘惑・・・:

« 信じられないこと・・・ | Main | 雪の降る朝 »