« お散歩じいや | Main | オトナのお付き合い »

Wednesday, November 03, 2004

香港に行くだ!宣言

04.11.3-1.JPG 関係ないけど琵琶湖博物館の淡水魚ドーム

先日黒部から帰った女王さまは、その光景にイタく感激された模様。。。
素晴らしかったと仰るのだが、どう素晴らしかったのか、お話だけではワタシにはさっぱり伝わらない・・・。
女王さまには、デジカメの一つも持ってお出かけではなかったのだ。
おまけに、女王さまがお持ちの携帯には、カメラが付いていない。
カメラ付よりも、大きい字でメールが打てたほうがよいと、そのような機種を選択されたのだ。
ついでに、お土産のヒトツもあったわけではない。
クッスン・・・。

その女王さまが、マタマタ怪しい動きを始めてしまった・・・。
このところ、ちょっと大人しくしておいでだと思っていたら、ナンでも台湾の文楽人形?なるものをケッコウ真剣に物色しておられるのだ。
まったく、なんということ!
この間やっと貯まったANAの20000マイル、女王さまに知られたら、それこそまた台湾に行って来ると仰りかねない。
しかし、それは、ワタシ名義の20000マイルなのである!
ワタシはそれで、香港に行くのだ!!!
欣圖軒で、もう一度フカヒレの金華ハムスープ煮を食べようとココロに誓っているのだ!

思えば、欣圖軒のフカヒレの金華ハムスープ煮を食べて以来、どうも日本国内で食べる中華が物足りない・・・。
新宿京プラの南園は、香港から腕のいい料理人が入ると聞いていたが、イマヒトツ味にキレがなく、油が重い・・・とか言ってしまう・・・。
脇屋さんトコのトゥーランドットで、金華ハムの薬膳スープなるものを食した時も、“こんなの、金華ハムのスープじゃない!”と思った。
念を押しておくが、思っただけである。
ワタシは、女王さまのように暴れたりはしないのだ。
さらに言うと、このトゥーランドットでは、わざわざ最高級の凍頂烏龍茶ですといって、金萱茶にちょっと強い目の発酵と火焙をかけたものが出てきた。
最高級の金萱茶ならそれでいい。これが最高級の台湾茶という至極アバウトな括りで出されたお茶なら、文句も言うまい。
しかし、金萱茶をいくら凍頂製法で仕上げたって、それを最高級の凍頂烏龍茶とは、ワタシは認めないわよ~!

ちなみにこのトゥーランドット、お昼一人で横浜行くから、ついでもランチでも・・・と思って予約しようとしたら、「明日でございますね。何名さまでしたでしょう・・・。」「一人なんですけど・・・」「(即)申し訳ございません、明日は生憎と満席でございまして・・・」って、ワタシは初めに一人だと言っておいたのだが、相手はどうやらそれを聞き逃していたらしい・・・。
一人のランチで予約を受けるのがイヤなら、「申し訳ございません、お一人さまでのご予約は受け付けておりません」とはっきり言えば済むことである。
それを満席であると言って断るのは、断られたほうからしたら、すんごいカンジが悪い。その前の遣り取りが、予約OKみたいなカンジだっただけに、カンジ悪さ倍増(爆)
ソコソコの値段で、ソコソコのコースランチを提供しているとの認識であっただけに、惜しい店を無くしてしまった。
今度は、ロイヤルパークホテルの皇苑にしてみよう・・・。

話が横道に反れてしまったが、香港である。
女王さまに横取りされる前に、早く香港行きのチケットを抑えてしまわねば・・・。

04.11.3-2.JPG 関係ないけど、琵琶湖博物館から見た琵琶湖大橋。 ここでよく、カップルがUFOに攫われるらしい・・・。

|

« お散歩じいや | Main | オトナのお付き合い »

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/1855403

Listed below are links to weblogs that reference 香港に行くだ!宣言:

« お散歩じいや | Main | オトナのお付き合い »