« ちょっと違う蕎麦屋 | Main | ちょっと得した? »

Wednesday, October 06, 2004

会津は蕎麦処、福島県はソースカツ丼処

10月4日
まったく知らなかったのだが、会津というトコロは蕎麦処で、なんでも蕎麦でマチオコシをしているのだそうな。
すヾ勘は、なかでも早くからそれをやってるトコロなんだそうだ。
会津のY口とはオオチガイな繁華街のハズレにあるこのお蕎麦屋さんは、自家製粉の10割蕎麦なんだそうだ。

04.10.06-1.JPG

昨日も蕎麦を食べたような気がしないでもないが、蕎麦喰いのワタシは毎日蕎麦でもかまわない。
昨日はカモだから、今日は天ぷらにする。
美味しいお蕎麦は、天ぷらと一緒に食べてはいけない。まず、蕎麦だけで純粋に蕎麦を味わい、その後天ぷらを食べる。どーでもいい蕎麦は一緒に食べていいのだが、美味しい蕎麦は、美味しい蕎麦だけで食べるのが正解だとワタシは思う。途中で天ぷらを食べてしまうと、口の中に油がまわって、蕎麦の味が分からなくなってしまうではないか。だから、ワタシが天ざる蕎麦を食べているとき、蕎麦だけ最初に食べていたら、その蕎麦はワタシにとってはそんくらい美味しい蕎麦、ということになる。
なら、最初ッからモリ一枚!といってしまえばいいではないかと思われるムキもあるだろうが、それが出来ないからワタシは俗人なのかもしれない・・・。

10月5日
ソースカツ丼なるものがこの世に存在することは、知識として知ってはいたのだが、その発祥の地?が福島だとは、トンと知らなかった。せっかくなので、この未だかって食べたことの無かったモノを食べてみる。
場所は・・・雨の中、もうイイカゲンイヤになっていたので、とりあえずどこでもよかった。
いや、ホントウは手打そばの旗につられて店内に入ったのだが、ソースカツ丼を見つけてつい、好奇心に負けたのである。

04.10.06-2.JPG

まあ、イイケイケンが出来た。
福島県まで来たのでなかったら、ソースカツ丼など口にすることは、一生涯なかったかもしれない。
これからソースカツ丼を口にすることは・・・若しかしたら、もう一回・・・ないかもしれないわね(笑)
モチロン、ここのソースカツ丼は絶品!というウワサを聞きつけたりしたら、話は別である。

|

« ちょっと違う蕎麦屋 | Main | ちょっと得した? »

~国内東北編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

Comments

中国の方たちは、おそばをおばかにするひとが
結構います。なぜなら小麦などできないやせた土地で
育つ穀物だからで なんとなく、昔の日本人のひえ、あわという感じ、雑穀もいまやお高くなりましたが、、、
きょうはここまでで我慢いたします。私が酒のつまみにsakurakoさまのお書きになったものを読ませていただいていると、息子が、なに1人でにやにやしてんの?と非難のまなざしでございます。

Posted by: gen-san | Wednesday, May 26, 2010 at 21:50

中国の方たちは、おそばをおばかにするひとが
結構います。なぜなら小麦などできないやせた土地で
育つ穀物だからで なんとなく、昔の日本人のひえ、あわという感じ、雑穀もいまやお高くなりましたが、、、
きょうはここまでで我慢いたします。私が酒のつまみにsakurakoさまのお書きになったものを読ませていただいていると、息子が、なに1人でにやにやしてんの?と非難のまなざしでございます。

Posted by: gen-san | Wednesday, May 26, 2010 at 21:50

そう言えば、中国ではどうやってそばを食べるのでしょう…。
韓国でそば粉100パーセントの冷麺を食べましたが、これがオソロしく美味しくて、感動いたしました。

そして、御子息の眼差しにも確かに一理あるかと…coldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Thursday, May 27, 2010 at 11:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/1611844

Listed below are links to weblogs that reference 会津は蕎麦処、福島県はソースカツ丼処:

« ちょっと違う蕎麦屋 | Main | ちょっと得した? »