« 茄子の阿蘭陀煮 | Main | 荷風・・・? »

Friday, July 30, 2004

女王さまとワタシ~倹約令その後~

女王さまのお召し物ご購入のご意向を受け、花園に発令された倹約令は、案の定物議をかもし、あっちこっちでかまびすしいことこの上ない。
結局ワタシは、朝ヨーグルトとお漬物だけでなく、塩鯖くらいは焼かねばならないコトに・・・。
昨日のお茄子の阿蘭陀煮も、ちゃっかり持っていったヒトがいる・・・。
ヨーグルトはヨーグルトで、朝食用のフルーツヨーグルト用果物(常に3~5種類くらい準備)を、お昼用にも準備することになってしまった。
・・・したら、400円でお弁当買ってもらったほうが、コスト的には安いかも・・・。
いや、塩鯖はそれほどかからないのだが、ヨーグルト用果物は馬鹿にならない。

それにしても、何故女王さまの浪費の穴埋めに、ワタシたちがこんなに苦労しなければならないのか・・・。
ムカシ萩というトコロの殿さまは、財政苦を理由に家老から晩酌禁止を言い渡されたらしい。
その次は、オカズの品数を減らされ、ついにはおかわり禁止ということに・・・。
それでも殿さまは文句も言わず、お小遣いで好きな骨董を買うことも我慢してせっせと貯金。
そうして貯めたお金は、家来の投機的事業に投入され、結局スってしまったりしたりしたらしい。
なのに殿さまのココロ家来知らず、というか、ある者はエージェントとして京都で接待に明け暮れ(接待だけじゃないかも・・・)、あるものは長崎で使途外流用・・・つまりは、留学費用といって公金を出させ、留学しないで飲んじゃったりしているアリサマ・・・。
なのに殿さまは、相も変わらず倹約生活・・・。

ああ、ウエに立つ者とは、元来こうであるべきではなかろうか・・・。

・・・ちなみに、その萩という藩の財政が、殿さまのおかわりを許さないくらい切羽詰ってしまった理由は、その前の殿さまの、ちょっとあんまりな浪費らしい。
家来は、殿さまの作った借金の金利を払うために、酷いときには50パーセントもサラリーカットということになったらしい。
借金ナゾというものは、作るものではない。
やはりここは、なんとしてもケチケチ生活で乗り切らねば・・・。

|

« 茄子の阿蘭陀煮 | Main | 荷風・・・? »

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14480/1088486

Listed below are links to weblogs that reference 女王さまとワタシ~倹約令その後~:

« 茄子の阿蘭陀煮 | Main | 荷風・・・? »