« 大新選組ツアー | Main | 無事!カエル »

Wednesday, June 30, 2004

へろへろ~

6月29日

京博で、エエモンをいっぱい見る。
残念ながら、常設展だけだったが、やっぱ国博には、なかなかいいものがあった。
陶磁器コーナーに張り付いていたら、置いていかれてしまった・・・。

次に、霊山歴史館。
相変わらず、3流というのもムニャムニャなモノである。
大新撰組展って書いてあるから、なにかあるのかと思ったら、展示は15年前と一緒。
池田屋の模型なんぞがちょろっと増えてただけだった・・・。

そのあと、懐かしい先生にお目にかかる。
京都の人に、田舎のお菓子を持っていくのもな~、と、お土産は高島屋で調達。
ナント! 俵屋吉富に葛製の水無月があった!
お土産とは別に、もう一つ!
・・・と思ったら、残念、最早残っていなかった・・・。

先生と緩々お話したあと、祇園へ。
今日のお食事は、一力のすぐ南側にある、こちらのお店で・・・。
04.6.30-1.JPG


6月30日

今日は、8時半には既に壬生へ。
京都鶴屋は、大阪の鶴屋八幡から入り婿したとかで始まったお菓子屋さんだが、なかなかよろしいのである。
しかも、京都で厳しいお茶のお稽古に耐えていた(笑)コロ、お教室のお菓子はたいがいこの京都鶴屋製だった。
この、お菓子だけが楽しみで、お稽古拒否にも陥らず、先生にも可愛がっていただいた、というイワクつき。
久々にそこを訪ねると、ムカシとはちっと変った佇まいへと、変貌を遂げていた・・・。

04.6.30-2.JPG

ムカシから八木邸跡だったが、こんなツツシミのないトコじゃなかったハズ・・・。
今は、屯所餅なるものをこしらえ、お抹茶付で芹沢鴨さんたちが暗殺されたお部屋を公開している。
ちなみに、ガイド付、である。

壬生から文博へまわり、大新撰組展を見る。
それはそれは、見ごたえのある展示だったが、腰を据えてみるだけの時間がなかった・・・。
残念・・・。

04.6.30-3.JPG

それから角屋もてなしの文化博物館へ。
2階部分も特別ガイド付追加料金で見学できる。
青貝の間は、圧巻である。

ちなみに角屋さん、長州の久坂玄瑞はお気に入りだが、新選組はムニャムニャ・・・らしい。
それと、NHKも、去年の大河ドラマ武蔵で不適切な表現があったとして、お出入禁止になったらしい。
鴨さん暗殺前の大宴会が開かれたお部屋というのは、一階の松の間なんだそーだ。

それから、新幹線に乗って帰宅の途に付こうとするが、京都駅でひと悶着。
五時間前の新幹線がまだ着いてないのに、私たちが乗る予定の新幹線は定刻どおりに着くとのたまった駅員が二名!
あんたたち、ちょっと、オ○ムが弱いんじゃない?
ってコトで、あとでおねーちゃんに確認したら、適切に対応してくれた。

やっと、おうちへ辿り着き、京都鶴屋さんのお菓子をちと冷やしてお茶をいただく。
水牡丹と、もいっぽも葛だが、道明寺が入っている。
04.6.30-4.JPG

やっぱり、美味しい・・・。

|

« 大新選組ツアー | Main | 無事!カエル »

~国内関西編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大新選組ツアー | Main | 無事!カエル »