« ワタシのお買い物 | Main | ほたる »

Tuesday, June 01, 2004

ざんげ

28日に届いた木柵梅占鉄観音を、今日やっと淹れる。
やっぱり、いいお茶をいただくには、それなりのセレモニーが必要だと思う。
と、いうことで、今日はおやすみ日。

まず、エラいヒト(花園では、大事なモノは、みな“エラいヒト”という)専用の食器棚から、クロちゃんにお出ましいただく。
クロちゃんは、鉄観音専用茶壺である。本当は、玄珠公子とおおせせになる。
台湾に本店のある某茶荘が、鉄観音を淹れることを念頭に宜興の某作家に作らせたというこのクロちゃん
はっきりいって、我が家の茶壺で、このお方ほど上手に鉄観音を淹れてくれるヒトはいない。
が、当然、御身尊くていらっしゃるから、普段バタバタとお茶を飲むときには、決してお出ましにならない。

で、お湯である。
お茶を淹れるには“山の水”が最適なのだそうだ。
まぁ、この“山の水”にはイロイロと含蓄があるのだが、それは置いておいて、今日は“霧島名水”でお茶を淹れることに・・・。
04.6.1.jpg

なんということか・・・。
この木柵梅占鉄観音、あまりにも高潔なお味をしている・・・。
清廉な、といおうか、まったく、涙がこぼれるかと思ったほどである。
身と口とココロとに作るところのモロモロのツミトガを、皆ことごとく洗い流してくれるような、そんなお茶なのである。

木柵梅占鉄観音に、菩薩のおわす蓮華を見たり・・・。
明日から、もう少しまっとうに生きよう。

なんちゃって。

|

« ワタシのお買い物 | Main | ほたる »

~Drink編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ワタシのお買い物 | Main | ほたる »