« よよよ・・・ | Main | ワタシのお買い物 »

Sunday, May 30, 2004

ないしょ・・・

今日、東京へのお出かけからようやっと帰ってくると、女王さまにはいたくご機嫌・・・。
というか、いたくニコニコされながら、ワタシを迎えてくだされた。
いったい、どうしたことか・・・と考えるまでもなく、お目当てはわかっているのである。

「これでございましょう?」
ワタシが、買い物袋をちょっと、女王さまのお目に入るように掲げて見せると、女王さまにはパッと頬を高潮させて
「おお、その袋はまさしくノリエット!」

マカロンにドフィノア、ガレットと、女王さまにはここふた月、すっかり御無沙汰のノリエットの焼き菓子に、すっかりご満悦・・・。
ご機嫌を損ねないように、ワタシが帰りの飛行機の中で、同じくノリエットのおケーキ(マンゴームースのなかに、チョコレートのムースが入っているもの)とシュークリームを食べたことは、内緒にしておかなければ・・・。
やはり、「お持ち帰りのお時間は?」と聞かれて応えるには、「一時間」が限度ではなかろうか・・・。
サスガに、飛行機に積んで、そこからさらに一時間運ぶには、ノリエットのおケーキは、あまりにデリケートかも・・・。

勿論、昨日ワタシが“ら・びゅっと・ぼわぜ”で至福の快楽を味わったことも内緒である。
森重シェフの巧妙な罠に絡めとられて、「おぎょうぎなんて、言ってられないわ~!!!」と、渦巻状のお皿の溝に盛られたコンソメのジュレ・赤ピーマンのムース・甲殻類のソースを、舐めるようにパンで掬って食べた、とか、相変わらずお魚料理に添えられた13穀のリゾットが、うっとりするほど美味だったとか、以前、口に入れたことはあるが、思わず出した、という曰くつきの豚の耳が、なんとも言えず美味なことに驚いたとか、まあ、イロイロとあるのだが、こういうことも、絶対に女王さまに知られてはならない。
しかし、となりと同じお料理をいただいていても、ちょっとシェフがサービスしてくれていたりすると、これが嬉しいモノだったりする。

おっと、女王さまがお茶を御所望されていらっしゃる。
大事なヒメゴトをさとられぬよう、ちょっとご機嫌をとっておこう・・・。

|

« よよよ・・・ | Main | ワタシのお買い物 »

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« よよよ・・・ | Main | ワタシのお買い物 »