« 本 | Main | しづこころなく・・・ »

Friday, April 09, 2004

女王さまとワタシ ~お引越し~

「SAKURAKO、お引越ししたのかぇ~!?」

滅多に花園からお出ましにならない女王さまには、先月来のこの目の回るような忙しさにもお気が付かれず、今頃になってやっと状況の変化をお感じになられたご様子である。
まったく、暢気と言おうかナンと言おうか・・・。

「で、今度のトコロには、テオブロマのショップはあるのかえ~?」
「ございません!(きっぱり)」
「なんと! では、ワラワは若しかして、今日はテオブロマのフロマージュ・ブランの気分!とか思っても、テオブロマのフロマージュ・ブランを食すことはかなわぬのかぇ???」
「それだけではありません。タカギも、プラネッツも、ノリエットも、ジェラール・ミュロも、女王さまお気に入りのお店はみ~んな遥かカナタ、これらの生ケーキはおあきらめください。」
「なんと!!! では、ワラワは何が食せるのかえ~?」
「そうですねぇ・・・。モロゾフのプリン程度なら・・・。」
「そ・・・それは、おウチで作れるモノではないかぇ! ワラワがちょっと春眠を貪っている間に、そなたはナンということをしたのだぞぇ~!!!」
「女王さま、ツライのは女王さまだけではないのですよ・・・。西武・東武はモチロン、三越だって高島屋だって、伊勢丹も大丸も当然和光もないってコトが、どんなに寂しいか・・・。」
「どうしてそんなナンにもない田舎なんぞへ引っ越したのだぞえ~!?」
「だって・・・県庁所在地にデパートがないなんて、どうして予測できたでしょう・・・。」
「これからワラワは、どうすればいいのかぇ~、こんなの、いや~!!!

・・・ごねたところで、どうなるものでもなし、女王さまにも諦めていただかなければ・・・。
にしても、これから何処でケーキを買えばいいのだろう・・・。
一番近いジェラール・ミュロまで、新幹線に乗って40分・・・。
通販は送料がかかるからキライだし・・・。
いつまでもシフォンケーキで我慢してくださる女王さまとも思えないし・・・。

ここは、なんだかゆっくりとした時間が流れているいい街なのだが・・・。
街というよりも、町といったほうが相応しいカモ・・・。

|

« 本 | Main | しづこころなく・・・ »

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 本 | Main | しづこころなく・・・ »