« 重労働 | Main | 器であそぶ »

Monday, March 22, 2004

イケ○クロで飲茶を・・・。

今日は、横浜に本店のある某中華料理店の、サンシャインシティアルパ3Fの出店でお昼をいただく。
本店の方で飲茶をいただいたことはないけれど、そこは中華街の中でも間違いのないお店、という認識である。
ワタシの心積もりでは、ふかひれ餃子スープがいただきたいわぁ・・・ってカンジだったのだが、その出店では飲茶メニューが縮小されたとかで、ふかひれ餃子スープもなかったのが残念・・・。

ということで、取り敢えず飲茶セット2200円を注文。
まず、きゅうりを乱切りにして、薬味とさっと合えたもの、海苔入りワンタン、蒸し物シューマイ・辛い餃子・普通の餃子、カレー風味焼き餃子、お芋にゴマをまぶして揚げたモノ、エビチリまたはエビのマヨネーズ和え、お粥、デザート4種のうち2種がその内容。

きゅうりは、う~ん・・・殆んど、シロウト料理。
ワンタンは、ケッコウ塩味がきいていたが、あんまし文句を言わずに食す。
蒸し物は・・・。
「これは、レイトウのものをチンしたようなものでないかぇ~? しかも、塩もきき過ぎだぞぇ~!」

女王さまのおでましである。
エビチリにいたっては、こうである・・・。

「このエビは、ちっと元気がなさすぎだぞぇ~! これは、ちといただけななさすぎだぞぇ~!!」

お粥はお粥で
「スープが悪いぞぇ~!味がとがっているぞよ~!!」

デザートは、静かにお召し上がりになったものの、その後も、
「ココロのこもっていない料理はダメじゃぞよ~!!」
を御連発。

今日のお昼のおそとごはんは、ちょっと、セツないおそとごはんであった・・・。

その後、お口直し?に“餃子スタジアム”の某店で、焼き餃子と水餃子を食す。
出来立て感は○珍楼よりウエかも。
しかし、後口は、しばらくグルタミン酸だかイノシン酸だかの味が消えなかった。
そういえば、この間紹介されていた上海の小龍包発祥の地ってところの小龍包にも、顆粒のトリガラスープのモトがたっぷり入っていたわねえ・・・。

|

« 重労働 | Main | 器であそぶ »

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 重労働 | Main | 器であそぶ »