« 改装中・・・ | Main | お蝶夫人デビュー! »

Thursday, February 12, 2004

女王さまとワタシ 2月12日

今日、花園ではちょっとしたイベントを催した。
“ライオンと王冠、食べて美味しいのはどっち!?”
ようは、静岡メロンの食べ比べである。
用意したメロンは2種類だが、どちらも一本の蔓に一個のメロン!がキャッチフレーズの、かなり結構なおメロンさまである。
04.2.12.1.JPG
“王者の気品と風格―香味あふれる手づくりの逸品”をキャッチコピーとするライオン印メロンは、作者の番号付シールが添付されている。
そのままお召し上がりください。
ブランデーメロン・シャーベットなど、いろいろ食べ方がありますが、「ライオン印マスクメロン」は、そのままお召し上がり下さい。高貴な気品と香りでいっぱいになります。
わざわざ、そう但し書きをするとは、余程の自信がある証拠である。

その点、クラウンメロンの方は至ってシンプルである。
“気品が香ります―名人芸がかもしだす手づくりの味”
あとは、有機肥料栽培であることが表示されているくらいである。
この言葉の少なさは、余程自信ありという表れか・・・。

「それより、どうして今日のメロンは、ちと、かなり小ぶりなのだぞぇ~?」

それは、小ぶりだから静岡メロンを二つもイッペンに買ってみようかという気になれるお値段だったのでございますよ。
こういうところは、いくらご説明申し上げても女王さまにはあまりご理解いただけない。

「みかんも、小さい方が甘かったりするではありませんか! きっと、メロンもお味がぎゅっ!と凝縮されて、美味しいに違いありませんわ。ナンでも大きいのがアリガタい時代は終っているのですよ」

「・・・・・・。」

今一つ、御信用をいただいていないようである・・・。

取りあえず、二つを並べて比べてみる。
04.2.12.2.JPG
見た目は、明らかにクラウンメロンの方が肌目が細かく、譬えていうならお豆腐の絹ごしと木綿、といったところか・・・。

パックン!

折角の食べ比べなのに、女王さまにはあまり御頓着なく、何時もの調子で召し上がっていかれる。

「どちらも、甘いぞよ~」

最近、素性のアヤしげなメロンをお出しすることが続いたせいか、女王さまにはどちらがどちらというではなく、いたくご満悦のご様子とお見受けする。
確かに、ライオンさんは甘い。王冠も同じくらい甘いのだが、こっちは甘いだけではない味がする・・・。ナンだか、野辺の香りがすると言おうか、もっと複雑なカンジである。

「女王さまにはどちらがお好みでございますか?」

「妾は、こっちじゃぞよ~!」

そっちはどっちですかしら・・・。
ああ、お高い方でございますね。
今回、クラウンメロンはライオン印の倍のお値段だったりしたのである。
女王さまには、そういうことは申し上げていないのだが、若しかして何処かにスパイがいるのかしら・・・。

「でも私、クラウンメロン1個とライオンメロン2個、どっちがいい?って聞かれたら、間違いなくライオンメロン2個を選ぶと思う!」

・・・。
漏洩源は、ワタシ以外にhanazonoメールをチェックするあんただったのね!
まったく、ウカウカとBIDDERSで共同購入も出来やしないわ・・・。

|

« 改装中・・・ | Main | お蝶夫人デビュー! »

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 改装中・・・ | Main | お蝶夫人デビュー! »