« January 2004 | Main | March 2004 »

February 2004

Sunday, February 29, 2004

トマトが一つと・・・

真っ赤に熟したトマトは、そろそろもう限界状態・・・。
そうだ!生クリームもあるし、あれにいたしませう!

玉ねぎをスライスし刻んだニンニクと一緒に炒め、エリンギをいれて、と、
それから小エビと例のトマトを入れて、ちこっと白ワインで風味を付けて、
生クリーム入れて塩で味を整え、んでもってちょうどパスタの茹で上がり!
さっとからめて、いざ、いっただっきま~す!

今日は、ちと、美味しく出来たのではないかしら・・・うふふ・・・。

お写真は・・・早く食べたかったのでナシです。
したらば、アツアツで、ちと舌がひりひり・・・。

| | Comments (0)

Wednesday, February 25, 2004

新しいマウス

今まで使っていたマウスがあまりにも言うことを聞かないため、
新しいマウスを購入!
ナンでも光学式とかで、裏っかわのボールがないヤツである。

したらば、はしるはしる!
ちょっと、あんた、ワタシが追いつけないじゃない!
って程である。
マウスほどに、打つほうも捗って欲しいのだが・・・。

| | Comments (0)

Tuesday, February 24, 2004

茶王二味

茶王と呼ばれるお茶を浸かって煮豚を作り、
その茹で汁を使って茶粥を炊く。
現在、炊飯器がお粥製作中。
さて、どんなお味に仕上がるやら・・・。
美味しかったら、いいのだが・・・。

| | Comments (0)

Monday, February 23, 2004

おとついのオオポカ

休み明けの月曜日、官公庁にも郵便物が届く。
某所へ私が出したモノも、ちゃんと届いたようである。
が、履歴書に写真を貼るのをすっかり忘れて送ってしまった・・・。

しまった・・・。

ははは、ちょっと恥ずかしいぞ、おい!

| | Comments (0)

Saturday, February 21, 2004

ぽぴ~

ポピーを買ってきてさしておいたら、
どんどん大輪の花が開いてきた。
香りが、けっこう気になる。
ポピーってこんなに香りの強いはなだったっけ?
ってなカンジである。

今日は、春のように暖かい一日だった。
おしまい。

| | Comments (1)

Friday, February 20, 2004

今日の不思議

ゼイタクなお茶漬けで、台湾福茶さんに、3000円分のお茶ポイントをいただいた。
うわ~、こちらの店長さん、なんて気前がいいのかしら♪
取り敢えず、今、共同購入に出ている東方美人と、おんなし葉種で作った紅水烏龍と、お茶漬けとの相性最高の苗栗烏龍と・・・
あら・・・?3000円を越えてしまったわ・・・。

そう、今日分からなかったことは、渋谷東急百貨店で目撃したメロンのことである。
“おお!これは、この間試食したクラウンメロン!”
そこには2種類のクラウンメロンが飾ってあった。
一個は2800円、もう一個は8000円。
わからないのは、その違いである。
入っている箱も一見同じなのだが、何故、これほどに値段の違いが出るのだろう・・・。
どちらも同じくらいの大きさで、ネットの細かさとかに問題があるのかと思ってはみたが、あんましよくわからない。
なにより、この間花園で試食会したメロンと比べても、その違いが分からない・・・。
大きさは・・・もしかしたら私たちがいただいたメロンの方がおっきかったかも・・・くらいである。
メロンは奥が深すぎ・・・。

というワケで、渋谷を通ったのでまたル・パティシエ・タカギでケーキモロモロを購入。
いちごトリュフを買わなければ、まだ良識的な値段のなかで収まるのだが・・・。
04.2.20.JPG
しかし、ここの店員は、どうしてあんなにアイソがない上に、極めて効率の悪い気の利かない、それなのに人数ばっかりいっぱいいるのだろう・・・。
ニコリとも笑えない接客業って、あんましカンジはよくないと思う。
媚を売れというわけじゃないけど、こっちが“ケーキ買ってうれしい♪”って顔していたら、“うれしいんだ~、よかったね”ってくらいのお顔しててもイイんじゃないかと思う。
マドレーヌ寺院脇のお菓子屋さんの年取ったお姉さんもあんましアイソなかったけど、本場ではそういうもんなのかね。
はす向かいくらいにあるエディアールの紅茶売り場の店員さんは、とってもカンジよかったのだが・・・。
ちなみに、その近くにある“とらや”では、日本語を話す見るからに日本人のおねえさんが、とってもにこやかに応対してくれた。
なんてことない、ちよっと両替の出来る場所を尋ねただけだったのだが・・・。

| | Comments (0)

Thursday, February 19, 2004

ちょっと・・・

今日は、いいお話をいただいた。
4月から路頭に迷わなくてもすむかも・・・。

が、そうなったらちょっと大変!かも・・・。

ともあれ、連絡を待っていよう。

| | Comments (1)

Wednesday, February 18, 2004

発狂!

2時28分、突然のシャットダウン。
というか、ようは夜中に焼き芋を焼いていたら、
ブレーカーが落ちてしまった。
自動バックアップがあるとタカをくくっていたら、

バックアップしてくれなかったのよ~~~!!!

しかも、その焼き芋が、お芋が変ったせいで
感激するほど美味しくはないときている。
もう、ふんだりけったりだわ!

正味約15時間の作業が泡と消えたワタシは、
修復作業を試みるも、なんて書いたかなんて、
ブレーカー上げに行くときに約7歩(往復14歩)も歩いたせいか、
まったく覚えちゃいないわよ!

もう、こんな生活、いや~~~!

| | Comments (0)

Tuesday, February 17, 2004

ちょっとしたお茶会

今日、母と叔母がやって来る。
朝だったので、まず凍頂烏龍をいただく。
今日のお茶請けもいちごトリュフ焼いも
この焼いも、最近我が家の必須アイティムである。

次に、幽蘭鳳凰
とっときのお茶葉である。
残り少なくなってきたので、最近ついつい茶壺に入れる量を控えてしまう・・・。
でも、今日もしっかり美味しく淹ってくれる。
こんど香港に行ったら、この幽蘭鳳凰と専用茶壺をセットで買って来よう。
三思堂というお茶屋さんには、結構ワタシ好みの茶具が揃っていて、
今度行った時に・・・というのがいっぱいある。
今度・・・何時いけるのかしら・・・(溜)。

| | Comments (0)

あっかとみっどりで♪

今日、M市からやって来た叔母さまから、
お土産にマンション10階のベランダ育ちの野菜をいただきました。
これが、ちょっと、うちのコに比べると“なんで?”という具合に出来がよい・・・。
で、さっそくいただくことにしました。

で、出来たのが、こちらのルッコラとトマトのスパゲッティ。
04.2.17.JPG
隠し味に、ちこっとバルサミコを入れてます。
トマトは、ニンニクを炒めてからちょっと形が崩れるくらいに火を通していますが、
ルッコラは余熱でしんなりさせた程度です。

なんだか、色からして、とっても元気になりそう・・・。
こういうお野菜だけのシンプルなスパゲッティって、けっこう美味しいと思いますよ~。

| | Comments (1)

Monday, February 16, 2004

最初の一杯

新しい袋をあけ、最初のお茶を飲む瞬間、
結構緊張するものである。
どんなお茶かしら・・・。
香りは?味は?
そんで、値段とのバランスは?

一定の品質を保つためブレンドされたお茶と違い、
その年の気候や摘んだ季節は、お茶の味を決める重大要素である。
だから、今年のお茶は今年限り。
その最初の一杯を味わうのに、
口切の茶事のようなセレモニーが生まれるのももっともだ~。
最近そう実感するようになってきた。

というわけで、今日も始めてのお茶を飲んだ。
昨日届いた木柵正叢鉄観音2003年春茶である。

某概説書には、
一般に一番香りがよいのは春茶、
冬茶は茶葉がゆっくり育つので味がよい、
というようなことが書かれてあった。

ところが、そのお茶屋さんの春茶・冬茶のコメントはそうは書いていない。
ジツのトコロ、ドウなのよ?

百聞不如一飲

そういうことである。
これは、そのうち花園でちゃんとレポートしよう。

| | Comments (0)

Sunday, February 15, 2004

今日のシアワセ

今朝、いつものように凍頂烏龍を飲もうとお湯を沸かす。
今年はまだ、花粉症が出て来ない。
全くないというわけではなく、鼻の奥が痛いような気がするとか、
ちょっと頭が重いような気がするとか、そういう症状はあるのだが、
今のところ、凍頂烏龍を飲むと直ったような気になるから不思議である。

ところが、今朝はちと事情が違った。
なんと、お茶パックの中にスプーンを突っ込んでみると、もうお茶がない!
いっつも使う半分くらいの量が、やっと残っていたくらいである。

なんでこんなにイッペンに・・・。
花園に潜む、イジワルな魔女のシワザ?
でも、そういえばお蝶夫人凍頂烏龍を淹れたとき、
やたらとお茶がたくさんいったような気が・・・。
おっきな茶壷のなかには、マモノが潜んでいるのかも・・・。

で、そのちこっとのお茶葉で、お茶を淹れる。
これが若し、昨日起こったデキゴトだったら、ワタシはちょっとパニックだったかも。
でも、今日にはお茶が届くことになっているのだ。
うふふふふ~。

午後、結構早い時間にお茶が届いた。
これで、ワタシは暫くの間、襲い来る花粉をゲキタイ出来るハズである。
それに、今回は鉄観音飲み比べセットも一緒に注文。
木柵正叢鉄観音春・冬茶金萱鉄観音春茶水仙鉄観音である。
したらば、今回なんと、おまけが入っていた。
凍頂桂花烏龍
これは、非売品なんだそうである。
楽しみが一つ増えて、とってもシヤワセな気分になる。
市島店長、どうもありがとう~!

| | Comments (1)

Saturday, February 14, 2004

新しいカーテン

9年ぶりに、カーテンが新しくなった。
色のせいか、心なし部屋の中が明るくなったような気がする。
これまで使っていた白いレースのカーテンは、
いつの間にか結構濃いグレーのものに変化していた。
こんな中で、私たちは生活しているのか・・・。
ちょっと、やっぱりびっくりする。

新しいカーテンに変った窓際でお茶をいただく。
今日は、福茗堂の銀針白毫
ぬるい目のお湯で、焦らずじっくり淹れるのがいいようだ。
04.2.14.JPG
このお茶は、なんともいわれぬ繊細な香りと、たおやかなボディが絶妙で、
パッと目は楚々としているようでもあるが、
実は飲めば飲むほどに華のあるお茶だと思えてくる。
しかも、なんとなくココロがゆったりしてくるような気がする。
まったり・・・している時間がないのが悲しい・・・。

| | Comments (0)

Friday, February 13, 2004

ゼイタクなお茶漬け

めじマグロのお刺身をヅケにして、アツアツのご飯の上に並べ、シソとネギを刻んでトッピング。
胡麻をちらんと振りかけて、その上からかけるお茶は凍頂烏龍・・・。

ナニがゼイタクかって、まず、めじマグロが良うございます。
松山は“きよみず”のデリバリーサービス(笑)で、昨日届いたお刺身が、ちと余ったモノだったのですが、そんじょそこらの冷凍モノのマグロなんかと一緒にしてもらったらコマるわぁ~ってシロモノです。
んで、次に凍頂烏龍
これも、決して出がらしとかじゃないんですよ。
で、出来上がったモノがこちら
04.2.13.JPG

火焙がわりとしっかり入った烏龍茶って、お茶漬けが美味しいんじゃないかとずっと思ってたのですが、今日その念願のお茶漬けを実現したわけです。
木柵正叢鉄観音とどっちを使うかちと迷ったのですが、鉄観音だと香りがどう転ぶか今一つ確信が持てなかったので、凍頂烏龍の方が無難かな~と・・・。

結果は、お茶漬けとしては、すんごく美味しかったです♪
しかし、このお茶漬けに果たして、凍頂烏龍は生きているのかしら・・・?
う~ん、日本のほうじ茶を使うよりも、繊細なカンジには仕上がっているのだが、凍頂烏龍としての味や香りは・・・ムニャムニャ・・・。
つまり、凍頂烏龍でなくてもいいということよね~。
それとも、ちっとお茶葉が足りなかったか・・・。

と言うわけで、次には木柵正叢鉄観音で試してみましょう。

| | Comments (0)

Thursday, February 12, 2004

お蝶夫人デビュー!

今日は、母のお誕生日である。
先日、お風呂に入れた新しい茶壺、通称“お蝶夫人”で最初のお茶を淹れ、一緒にいただく。
これが、産湯をつかったばかりのお蝶夫人↓。
otyoufujinn.JPG
これから、どんな茶壺に育っていくのか、とっても楽しみである。

茶葉は凍頂烏龍・・・ということになったみたいである。
玲ちゃんで淹れた時よりも、凍頂烏龍がなんだか、まったりとした美味しいお茶になった。
お蝶夫人、産湯は木柵水仙鉄観音だったのだが、その後土臭さを取るため毎日凍頂烏龍の出がらし茶葉を入れておいた。
木柵水仙鉄観音にしようかとも思ったのだが、安定的な供給が見込めないので、ちと・・・。
大陸茶も、今のところ購入ルートがないので、断念。
お蝶夫人は、玄ちゃんと同じ黒泥で、けっこう厚みもあるから、火焙の強いお茶が向いてるんだと思うんだけど・・・。
凍頂烏龍だと、コンスタントに飲むは飲むわなぁ・・・。
でも、火焙は、鉄観音に比べたら軽いしなぁ・・・。

その後、玄ちゃんの鉄観音も賞味。
やっぱり、このお茶美味しい。
玄ちゃんは、これで“クロちゃん”と読むのが正しい。
それはそれは美しい茶壺である。
ちょっと、ご紹介いたしませう♪
kuro.JPG

お茶請けは、ル・パティシエ・タカギのいちごトリュフと焼いも。
この焼いも、なまじのお菓子なんかよりずっと美味しいのである。
花園オーブンは、石窯オーブンで、ピザなんかも上手に焼けるのだが、そのおまかせメニューの一つがこの焼いも。
220円で買ってきたお芋を焼くのに、電気代がいくらかかっているかがオソロしいところだが、取りあえず、暫くはこの焼いも生活が続きそうである・・・。

| | Comments (0)

女王さまとワタシ 2月12日

今日、花園ではちょっとしたイベントを催した。
“ライオンと王冠、食べて美味しいのはどっち!?”
ようは、静岡メロンの食べ比べである。
用意したメロンは2種類だが、どちらも一本の蔓に一個のメロン!がキャッチフレーズの、かなり結構なおメロンさまである。
04.2.12.1.JPG
“王者の気品と風格―香味あふれる手づくりの逸品”をキャッチコピーとするライオン印メロンは、作者の番号付シールが添付されている。
そのままお召し上がりください。
ブランデーメロン・シャーベットなど、いろいろ食べ方がありますが、「ライオン印マスクメロン」は、そのままお召し上がり下さい。高貴な気品と香りでいっぱいになります。
わざわざ、そう但し書きをするとは、余程の自信がある証拠である。

その点、クラウンメロンの方は至ってシンプルである。
“気品が香ります―名人芸がかもしだす手づくりの味”
あとは、有機肥料栽培であることが表示されているくらいである。
この言葉の少なさは、余程自信ありという表れか・・・。

「それより、どうして今日のメロンは、ちと、かなり小ぶりなのだぞぇ~?」

それは、小ぶりだから静岡メロンを二つもイッペンに買ってみようかという気になれるお値段だったのでございますよ。
こういうところは、いくらご説明申し上げても女王さまにはあまりご理解いただけない。

「みかんも、小さい方が甘かったりするではありませんか! きっと、メロンもお味がぎゅっ!と凝縮されて、美味しいに違いありませんわ。ナンでも大きいのがアリガタい時代は終っているのですよ」

「・・・・・・。」

今一つ、御信用をいただいていないようである・・・。

取りあえず、二つを並べて比べてみる。
04.2.12.2.JPG
見た目は、明らかにクラウンメロンの方が肌目が細かく、譬えていうならお豆腐の絹ごしと木綿、といったところか・・・。

パックン!

折角の食べ比べなのに、女王さまにはあまり御頓着なく、何時もの調子で召し上がっていかれる。

「どちらも、甘いぞよ~」

最近、素性のアヤしげなメロンをお出しすることが続いたせいか、女王さまにはどちらがどちらというではなく、いたくご満悦のご様子とお見受けする。
確かに、ライオンさんは甘い。王冠も同じくらい甘いのだが、こっちは甘いだけではない味がする・・・。ナンだか、野辺の香りがすると言おうか、もっと複雑なカンジである。

「女王さまにはどちらがお好みでございますか?」

「妾は、こっちじゃぞよ~!」

そっちはどっちですかしら・・・。
ああ、お高い方でございますね。
今回、クラウンメロンはライオン印の倍のお値段だったりしたのである。
女王さまには、そういうことは申し上げていないのだが、若しかして何処かにスパイがいるのかしら・・・。

「でも私、クラウンメロン1個とライオンメロン2個、どっちがいい?って聞かれたら、間違いなくライオンメロン2個を選ぶと思う!」

・・・。
漏洩源は、ワタシ以外にhanazonoメールをチェックするあんただったのね!
まったく、ウカウカとBIDDERSで共同購入も出来やしないわ・・・。

| | Comments (0)

Wednesday, February 11, 2004

改装中・・・

SAKURAKO部屋を、ちと改装。
あっちこっちにイロイロなものが増えて、面倒くさくなってきたので、
ここいらでちょっと整理をば・・・。
そのうち、“今日もゴチソウ!”も、持ってこよう・・・。

でも、このSAKURAKO部屋だけで更新が完結したら、
だりあんがご飯が食べられない・・・?
ま、そのうち、ね。

最近、朝起きたら凍頂烏龍を飲むのが日課。
一日飛ばしたら、なんとなくくしゃみが出たような気が・・・。
花粉症にいいというのは本当かしら・・・。
まだ、スギ花粉は飛んでないらしいけど、さ。

| | Comments (0)

Tuesday, February 10, 2004

爆発物取り扱い注意

今日焼いも中、オーブン庫内で爆発音がした。
内部にちと被害を受けた模様。
こびりつく前にふき取ろうと試みると、
布巾がじゅっと音を立てた。
人生って、危険と隣り合わせね・・・。

なんか、最近、花が欲しい。
ガーベラ300円を購入。
04.2.10.JPG
今日始めて、ガーベラってタンポポと似てたんだ~と思う。
この、なんとなくビミョ~な色合いが、結構気に入っている。

| | Comments (0)

Monday, February 09, 2004

おふろ。

2002年9月21日に香港で一目惚れしてうずんで帰った茶壷を、
今日始めてお風呂に入れてあげた。
宜興の郭紀成さんという人の作。
これは、結構思い切ったオカイモノだった。
呼び名はやっぱ、“お蝶夫人”だわね。
優美な姿は、その名前にピッタシ!だわ。
2004.2.9.JPG
って、見たまんまかしら・・・。

産湯に使ったのは、木柵水仙鉄観音。
現在お茶に浸かって冷めるのを待っている。
さて、どんなお茶を飲ませようかしら・・・。

華泰茶荘の東方美人特香を飲む。
まろやかな甘味と鼻に抜ける香りは、今までの東方美人の中では一番かも・・・。
しかし、温度がイマイチむつかしく、このお茶はもっと美味しいのではないか、と思っている。
ちょっと、研究してみるべし。

今日はなんか、くしゃみが多い。
今朝凍頂烏龍を飲まなかったのがいけないのかしら・・・。

| | Comments (0)

Sunday, February 08, 2004

あせった~

今日、台湾福茶のお茶2種が届く。
木柵水仙鉄観音2100円と、富豊武夷1300円
この木柵水仙鉄観音、す~~~んごい好きである!

新撰組!を見る。
ナニがナニやら、ワケが分からない内容である。
なんで、そんなムリしてムリしてお話作ってますってなカンジの、
半分のど絞められてるようなお話にするかネェ・・・。
もっと、おおらかに余裕のあるストーリーじゃないと、見てて疲れてくると思うんだけど・・・。
そんでもって、長州毛利家の桂小五郎くんは、そんなに偉いんだろうか・・・?
有備館御用掛りと名乗っていたケド、有備館って、有名?

来週も、ナンだかワケわからなそう・・・。

5コの林檎のうちの2コ目を剥く。
美味しいけど、蜜はなし。
世の中、そんなに甘くはなかったかぁ・・・。

word入力中、トラブル発生、打ったとおりに入力できなくなる!
が~~~~~ん!
若しかして、ヴァイルス感染???
この間ウイルスバスター2004にバージョンアップしたばっかだというのに・・・。

待てよ、と思いキーボードをひっくり返したら、電池を入れるスペース発見!
ワイヤレスって、そうなのね~。
ともかく、電池を換えて一安心。

明日は、イイコトあったらいいな~。

| | Comments (0)

Saturday, February 07, 2004

5コの林檎

今日、5コ398円の林檎を購入。
食後に半コ食べようと思って1コを割る。

あら、まあ!

今年一番!ってくらいの密入りである。
いやん、嬉しいわぁ。
でも、密入りでもあんまし美味しくない林檎って、あるのよね~。

あら、まあ!

ちょっと、これ、甘いわよ~!
ついつい、1コ全部むいて、パクパクっと食べてしまう。
食べながら、思うことは・・・

この林檎って、5コのなかのどんくらい?

後の4コも、おんなしくらい美味しかったら、嬉しいのだが・・・。

| | Comments (0)

Thursday, February 05, 2004

オカイモノ♪

今日は、題目届を出しにガッコウへ行く。
その後、事務処理のため、もいっぽのガッコウへ行く。
なが~い旅だった・・・。

生協の本屋さんで『おとなの宿』というのを購入。
ぱっと見て、知ってるところが“ての字屋”しかなかったから。
“あさば”だの、“かよう亭”だの、“金城楼”だの、いっつも見るお宿と違う・・・。
きっと、今までに無い隠れた名旅館の案内書に違いない・・・。

本三から赤坂見附までの丸の内線電車内で読了。
いっつも見てるお宿よりも、価格帯が随分かわいらしかった。
そういうことだったのね~、ちくそう、騙された・・・。

渋谷では、ル・パティシエ・タカギで、ケーキだの焼き菓子だのいちごトリュフだのを購入。
〆て・・・はぁ? なんと4,819円!
いやあ、やっちまったい。
04.2.5.JPG

その後、池袋では聘珍楼点心詰め合わせ肉包(小)叉焼包を購入。
さあ、帰ろう!

したらば、六花亭ののれんが目に入る・・・。
なんと、マルセイバターサンドを買わずに帰れようか、否!

最近、お買い物に出る時間がなかなかとれないだけに、一旦出たら大変である・・・。
昨日悩んでいたお茶が、全部買えるゾ、おいおい・・・
である。
なんてこったい。

しかし、ケーキを買って帰りはしたものの、
昨日買っておいたあんドーナツ80円を先に食べておかねば・・・。
で、それを食べる。
お茶は木柵正叢鉄観音
これは、先日胃があれてる時に、結構濃いのを飲んだら、
その後大変なコトになってしまったお茶である。
それでも、やっぱり今日も濃い目にして飲む。
あんドーナツを食べるのは3煎目から。
やっぱワタシは、このお茶が好きである。

| | Comments (0)

Wednesday, February 04, 2004

春立つと…

今日は、昨日“まるかぶり”したから、立春のハズ。
で、新しい茶杯をおろす。
去年2月の北陸旅行時、九谷村で購入した三代為吉
表と裏とに絵付けしてある。
5客セットだけど、取りあえず2つおろす。
なんか、いいことありますよ~に。
tyaki.jpg

ふらふら~っと、また薔薇を買う。
今日は奮発して2本500円!
bara3.JPG
前回・前々回の薔薇は、数は少なくなったものの、
テレビの上で、仲良く一緒に居る。
けっこう、アンバランス【^ ^;】

ぼ~っと薔薇を眺めて、お茶を三杯。
お茶…。
今、欲しいお茶が5種類。
全部買うと、9100円・・・。
ぼ~。

| | Comments (0)

Tuesday, February 03, 2004

まるかぶり

今日は“まるかぶり”の日よ! 知っとる?

母は電話でそういった。
今日は、いつから“オニはソト”の日ではなく、
“まるかぶり”の日になってしまったのだろう・・・。

かく言うワタシも、お昼は北海巻き550円で“まるかぶり”だった。
しかし!
夕方ご近所の商店街を歩いていたら、
ファミリーマートの前で赤オニさんが“まるかぶり”を売っていた!

しまった!

こっちにしとけば良かった・・・。
お顔もちゃんと赤い赤オニさんである。
ひょう柄だかとら柄だかのぱんつをはいている。

笑ってはいけない・・・。

そう思って通り過ぎようとしたが、だめ!我慢できない!
しかも、ふり帰って見ちゃった!
いや~、めったに見れへんもんみしてもろたわ~。

そう、“まるかぶり”といえば、昨日お幸もしたそうである。
かぶったのは、太巻きではなく、昨年11月新築の・・・。
okou.JPG
通り抜けようとして、頭でも打ち付けるかなんかして、
逆上とかしちゃったのかしら・・・。

母はいつもの“ぎろちん”宣告。
この通路は既に塞がれ、幸太郎は表に出てこれなくなったらしい・・・。

番犬もよ~せんのやから、裏におったんでジョウトウ!
裏で気配感じて吠えたらええんよ!

お母さま、それが出来たら立派な番犬でございますよ・・・。

| | Comments (0)

Monday, February 02, 2004

碧螺春

華泰茶荘の碧螺春、お値段は・・・といえば、
一保堂の天下一とおんなじである。
よくよく考えてみると、タイソウなお値段である。

で、今日は久しぶりにこの中国二大緑茶の一つ、
碧螺春を淹れてみることにした。

このお茶は、以前某所で試飲会をした時に、
“このお茶の良さはわからん”と酷評?されたモノなのだが、
最近ちょっと学習して、温めのお湯でじ~っくりと待つモノだと覚えた。
今日はそれを実践してみようと思う。

で、ガラスの茶壷を温め、お湯を冷ましてイザ!投入。
このお茶は、ほんの若芽を一葉で摘んで、
くるっと巻貝のように仕上げてある。
香りは・・・なんというか、ちょっと青臭い春の野、といったトコロ。
で、お湯を注いで待つべし!待つべし!待つべし!
・・・・・・。
待ってる間に、お写真を撮っちゃおう。
pilucun.jpg
お湯を注いで3分もすれば、茶葉は初めの大きさとは
見違えるくらいにふっくらとふくらんで、茶壷の底に花を咲かせる。
なんか、きれいよね~。

それからさらに待つこと5分ほど・・・。
ここらでイッペンお味を見ましょう。

“うっ!”

一口、口に含むなり、上品な、でも何となく熟れてない甘味・・・。
これって若しかして、清新な、とかって表現される、あれかしら・・・?
そして、柔らかい苦味と草の香り・・・。

ごめんなさい、ワタシはあなたを誤解していました。

華泰の碧螺春は、他のお茶屋さんのものよりも
ちと(かなり?)、お値段がよい。
他のものを飲み比べたことがないので、
これがムコウでどういうランクのお茶なのかよく分からないのだが、
たまにはこういうゼイタクがあってもいいのではないかしら・・・。

二煎目・三煎目も、この方法でジックリ淹れる。
しっかりした味と香りは、物足りなさを感じさせない。
冷めても美味しい。
さすが、天下一とお値段を争うだけのことはある・・・。

| | Comments (1)

Sunday, February 01, 2004

幽蘭鳳凰

香港の三思堂で購入したお茶。
これはちょっとすごいお茶で、ちびりちびり大切に飲んでいる。

暖めた茶壷に葉を入れた瞬間から、
うっとりする香りが立ち上る・・・。
あ~、すごい!!!!!!

水仙茶なので、後味はスっきりサッパリ潔い。
しかし、その香りときたら、ひとつ次元が変るような・・・
天上のかほり、とでも言おうか、
それはそれは、高貴な香りが立ち上るのだ・・・。

二煎目・三煎目も少しづつ表情を変えながら、
相変わらず高貴な香りを漂わせ、
香りだけでないしっかりとしたボディに磨きがかかってくる・・・。
ああ、なんて素晴らしいお茶なんでしょう!
さすが幽蘭鳳凰の名に恥じぬ・・・。

三思堂では、いろんなお茶を購入したけど、
どれもレベルは高かったように思うけど、
この幽蘭鳳凰は別格だわっ!

最近、台湾茶を飲むことが多いけど、
大陸のお茶も、やっぱり
“ええもんは、ええ!”
ってことだわよね~。

次回の香港まで、大事に飲まなきゃ・・・。

| | Comments (0)

所持金1500円余

お財布の中身が、硬貨だけになっていた。
も一個のお財布も開けてみる。
こっちも、やっぱり硬貨だけ・・・。

今日は日曜日。
お金を下ろしたら、とんでもない額の手数料を取られてしまう・・・。
手数料が、100万預けた一年間の利子よりも多いって、どうよ、コレ!

で、硬貨だけでお買い物に行く。
こういうときは、伝家の宝刀クレジットカードさま。
ご近所のスーパーで、低反発枕2000円の20%OFFと、
お正月に毀れた牛乳泡だて器1980円を購入。
なんとも、太っ腹である!

枕は、帰って早速使用。
といっても、頭の下に敷くのではなく、お座布団代わりに敷くのだ。
最近、どうも腰が良くないのは、
木の椅子の上に座布団を3枚とか敷いて、
それがあっちズレこっちズレしてるからではないか、と・・・。
で、分厚い枕を買ってみたのである。
今のトコロ、問題はないみたい・・・。

帰りに花屋さんによる。
先日のバラは、まだ元気だが、なんか、ふら~と・・・。

で、なんとも大振りな咲きっぷりのスプレーバラ一本200円を購入。
これが、一本でかなりのボリューム!

そういえば、最近スプレーバラしか買ってないわねぇ・・・。

bara2.JPG

| | Comments (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »