Main | February 2004 »

January 2004

Saturday, January 31, 2004

阿里山金萱

緑碧茶園の阿里山金萱春茶極品は、
かなりお気に入りの茶葉だったりする。
一煎目は、そうね、濃厚な香りの薔薇かしら・・・。
二煎目は、DiorのDolce Vitaような・・・。

これは、ワタシにとってメモリアルなお茶で、
それまでは四季春くらい飲んで満足だったのが、
一気に道楽の道へとまっさかさま~~~。

分かりやすいお茶ではあるのよ。
でも、ね、
緑碧茶園の阿里山金萱春茶極品でなかったら、
こんなにスッポーンと嵌ったかどうかはギモンだわ。

あ~、水分を飲み下した後の口中の甘味と、
空になった茶杯が放つ香りが・・・
なんてうっとりなんでしょう・・・。

“甘露”

このシアワセを、誰かに教えてあげたい・・・。

明日、緑碧茶園の阿里山金萱春茶極品 50g1850円
買いに行ってみたいと思いませんか?

| | Comments (0)

Friday, January 30, 2004

くれいじ~・・・?

花屋さんで、変ったスプレー薔薇発見!
チューリップのバレリーナが八重になったような、
そんな不思議な薔薇である。
名前は“くれいじ~・・・なんちゃら”。
しかも、色まで黄色ときたら、これは買わずば帰れまい。
で、一番たくさん花が付いているモノを選んでもらう。
でも、一本では寂しいので2本。〆て400円也。

そこの花屋さんは、変った薔薇を置いている。
最近は、びっくりするような色の薔薇がある。
薔薇に囲まれた生活・・・。
ステキだわ!
って、たった2本じゃン・・・。

でも、2本でも結構ボリュームたっぷりに入った。
こういうところが、スプレー薔薇ってかわいらしいと思う。


bara1.JPG


| | Comments (0)

Thursday, January 29, 2004

しょっく~2

昨日の夕食後、ちとお宵寝のつもりで、30分くらい横になった。
・・・ハズが、気がついたら何故か日付が変っている・・・。
目覚ましもかけておいたのだが、
その時間はセットした時間と何故か違う・・・。
何故???
ワタシが知らない間に、いったいナニが起こったのかしら・・・。

というわけで、日記が一日飛んでしまった。
くっすん。

昨日は、化粧品を買いに行って、総計にちょっとびっくり。
なんで、一時にいろんなものがなくなるかなぁ・・・。
ついでに、キムチとお菓子を買ってくる。
キムチ売り場ではアミの塩辛も購入。
テレビでやってた豆腐とカキのチゲなるものを
作ってみようと思う。

仕事は・・・。
なんでこんなに遅れるんだろう・・・。
取り敢えず、豆乳でも飲んじゃぇ!

| | Comments (0)

Tuesday, January 27, 2004

しょっく!

先日来、なんとな~く気になっていた。
冷蔵庫に入れたままのブタちゃんである。
ウソかマコトかは分からないけれど、
一応、鹿児島産の黒ブタ表示がある。
バラだったりする。

で、今日はトンしゃぶにしようとココロに決めた。
ココロに決めたら、トンしゃぶの気分になる。
はやく食べようよ~。
いやいや、ちゃんと晩御飯の時間まで待ちなさい。

で、そろそろいいかなぁ~と、
お肉を冷蔵庫から出して見たところ・・・。
色は美しいピンク色なのだが、なんか臭いがする・・・。
なんか、ねばってるような気もする・・・。
え~ん、こんなん食べられへんやん!

仕方ないから、冷凍庫から鳥ちゃんを引っ張り出してお鍋。
でも、ワタシはトンしゃぶの気分だったんだってばぁ~!

| | Comments (0)

Monday, January 26, 2004

おかしい・・・

寝ても寝ても、寝た気にならない・・・。
先週、6時間くらい寝て、30時間くらい起きてたからかも?
なんか、能率が悪いわね~。

異常乾燥注意報で、お鼻の奥が痛くなる。
洗濯物を探して部屋干し。
パリンパリンに乾いちゃうのがナンとも・・・。
昨日は、お風呂のお湯をはったままにしておいたが、
冷え切っちゃうと、あんまし効果ない?
でも、やっぱちょっとは効いてたのかも。

とりあえず、濃~いお茶でも飲んで、シャキっとしよう・・・。
・・・でも、お買い物に行かなかったので、お水がもうないかも・・・。
大変!なんてこったい!

| | Comments (0)

Sunday, January 25, 2004

ねむい~~~

今日は、集中力の続かない一日だった。
TVからは、「武士になる~」だかなんだかってのが聞こえていたが、
画像を見た記憶はない。
“武士”ねぇ・・・。
なったらなったで、大変そうよ、あの世界も。
ところで、“武士”ってなんだと思う?

| | Comments (0)

Saturday, January 24, 2004

たらのしらこ

今日は、B府のおぼっちゃん(兄)が、夕食に来るという。
どんな献立にしようか、ちと悩んだのだが、
このところずっと食べたかったモノを食べようと思った。
それは、たらのしらこである。

いつもの魚屋さんに行く。
それは、100g500円。
お刺身ホッキ貝850円があった。
これは、ちとシャブってして食べたら、さぞ美味しかろう・・・。
ついでに、ハマグリなんか買っちゃおう、250円。

で、野菜を買ってそこいら一周するも、
やっぱりこれだけでは、ちと具が足りないような気がする・・・。
で、もう一度魚屋さんへ戻る。

先刻は目に入らなかったが、
そこには巨大なお鯛さんのアラ500円が鎮座ましましていた。
しかも、2尾分の頭である。
身は切り身にされ、一切れ500円と、結構なお値段で販売されている。
これが良いのではなかろうか・・・。

で、ハマグリは明日使うことにして、今日はお鍋。
最近、イロイロ落ち込むことがあったので、
今日はなんとなく気晴らしでよかった。
部屋が幾分奇麗になったのもよかった。

また来てちょ~。

| | Comments (0)

今日のカンジ

昨日、あまりの腰の痛さに、クイックマッサージに駆け込んだ。
30分2000円で、とにかく腰!でもんでもらう。
かなり、力を入れてもんでもらった。
終ったときには、なんだか血行が良くなり、少し楽になったような気が・・・。

しかし、今日は全身が倦怠感に満ち満ちている。
これが、“もみかえし”というヤツなのかもしれない・・・。

こんなコトでは、いけないわ・・・。

| | Comments (0)

Friday, January 23, 2004

びっくり

お風呂で、コックリ・・・。
いや~、死ぬかと思ったわ。
気をつけなきゃ・・・。

| | Comments (0)

本郷

久しぶりに本郷へ行った。
新しいラーメン屋さんが出来ていた。

最近、味が変ったというカレー屋さんで、ランチ。
そんなに変ったとは思わなかったが・・・。
今日は、最初っから最後まで、左手を使わずに、
ナンをちぎって食べた。
爪の中まで黄色くなった。
サスガに、ご飯を手で食べる勇気は、まだないなぁ・・・。

帰りに池袋で、ヘイチンロウの海鮮肉包&野菜包を購入。
叉焼包を買おうかと迷ったが、
今では、やっぱり買っておけばよかった・・・な気分。

日記も書いた。
さあ、これで寝れる~zzz

| | Comments (0)

Thursday, January 22, 2004

東京の青い空

東京は快晴である。
まさに、雲ひとつない青空が広がっている。

が、幸太郎は今、一年に一度あるかないかの銀世界で、
ふわふわの“しろぶぶ”さんとおたわむれらしい。
吹き溜まりにはまり込むと、すっぽり埋まってしまうらしい。
楽しそう・・・。

去年の大雪記念日には、幸太郎はおっきなシモヤケをこさえた。
足のウラとかでなく、ちと人に言えないところにである。
どうやら、調子こいて“しろぶぶ”の上でカミカミに夢中になったらしい。
今年は、何事もなく、楽しい想い出だけが残ればいいね。

しかし東京は、びっくりするほどの快晴である。

| | Comments (0)

Wednesday, January 21, 2004

阿里山金萱

起きると、猛烈に金萱茶のキブン。
緑碧とどっちにしようか迷ったが、華泰の2003中茶杯一等奨にする。
理由は、最近飲んだお茶が結構上手く入ったので、
華泰の中茶杯一等奨も、上手に淹れられるかも・・・。

やっぱ、いまいち・・・。
煎茶のような甘味が出るのは、いいことなのかしら?
それとともに、苦味もあったりする。
香りに力がなく、ボディもちと物足りない・・・。
春茶だったら、もっとしっかりしていて欲しいのだが・・・。
違うのかしら・・・?
ちと冷えると、なんとなく水っぽくなるようだ。
う~ん、物足りない・・・。

今日でこの華泰の中茶杯一等奨が終る。
最後だし、茶葉がいつもよりちと多めだったのだが、
それでも今一つ、納得できない淹りだった。

そもそも、茶壺にお茶を入れた時に、
いい香り!
ってならないところからして、
そういうことなのかもしれない・・・。

でも、完璧に冷えてから、やっと、
あ~、金萱だ~というカンジになった。
このことは、付け足しておこう。

| | Comments (0)

Tuesday, January 20, 2004

飲みくらべ

眠気覚ましのため、凍頂烏龍木柵正叢鉄観音怡香烏龍を続けざまに飲む。
これは、かなりなゼイタクである。

凍頂烏龍は19日参照のコト。
木柵正叢鉄観音は、相変わらず、まったりした濃厚な香りに悩殺。
酸味も効いていて、相変わらずシアワセなお茶である。
怡香烏龍は凍頂烏龍と同じ青心烏龍。
発酵も火焙も軽いため、香りは立つが酸味は少ない。
しかし、どちらもその回甘たるや、うふふふふ~である。

しかし、6時過ぎ、ちとハナヂがでる・・・。
これは、お茶を、結構濃い目にカパカパ飲んでいたせい?

| | Comments (0)

Monday, January 19, 2004

凍頂烏龍2

来た来た!
共同購入で、店頭よりも、ちとお安くなった凍頂烏龍
早速、リンちゃんに淹れてもらう。

ホンモノの凍頂烏龍・・・。
中発酵・中火焙の凍頂烏龍・・・。
凍頂台地の凍頂烏龍・・・。

やっぱ、一番は酸味だわな。
これは、この間飲んだ木柵正叢鉄観音に似ている。
これは、ちと冷めたときに、舌の上を転がすと、よく分かる。

あと、飲んだ後口!
これが、回甘ってやつだわね、きっと。
これが、まったりと心地よい・・・。

それに、これらは煎を重ねる程に、くっきりしてくる。
はじめは、その香りに騙され(失礼)て、そっちの方に気が行くが、
そのうち、このお茶の、ナンとも言えない余韻に気付いてきた!

あ~、お茶って、楽しい。
ますます嵌ってしまいそう・・・。

台湾福茶(ビッターズ店) 凍頂烏龍 50g1700円 

| | Comments (0)

Sunday, January 18, 2004

新撰組!

ちらと、新撰組!を見た。
慎吾ちゃんが、ゲンコをお口につっこんでいた。
これで、慎吾ちゃんが近藤勇にされた99パーセントは、済んだ。

なんとなく、ナニが言いたいかは分かったが・・・。
ふ~ん、そんなふうにもって行きたいわけ?

それにしても、あのミツさんはナニモノ!?
それにしても、画面がジミだわね・・・。
それにしても、慎吾ちゃん、セリフつかえ過ぎ!

| | Comments (0)

お腹すいた・・・

お腹すいた・・・。
でも、食べたら眠たくなる。
寝てしまったら、また6時間ほど起きられない。
昨日もこれで失敗した。
おとついも、その前も、これで失敗した。
今日も食べたら、きっと寝てしまうに違いない。

今日も仕事は、予定には程遠い進み具合。
今日こそは、ここで寝るわけには行かない。
でも、お腹すいた・・・。

お餅を、一個だけ食べてもだいじょうぶかなぁ・・・。

| | Comments (0)

Saturday, January 17, 2004

内緒。

今日もサムい。
少し雪がちらついていた。

昨日棒振りのあと、左手首が痛かった。
ちとお休みしてた間に、棒の振り方を忘れたらしい。
接骨院に行ったら、包帯を巻いてくれた。

またやったの?

そういわれるといけないので、
このことは、ちと内緒にしておこう・・・。

| | Comments (0)

Friday, January 16, 2004

棒の振り初め

今日も、寒かった。
棒振りをして来た。
今年の棒の、振り初めだった。
終ってから、やっぱり足がつった。
寒かったからねぇ~。

| | Comments (0)

Thursday, January 15, 2004

凍頂烏龍

ネット上の共同購入という仕組を利用して、凍頂烏龍茶を注文。
こういう買い方は、初めてである。
出品のお茶屋さんは、最近ネットでいくつか茶葉を購入したトコロ。
よいお茶を扱っている。
生産者情報がしっかり公開されているのもよい。
そしてお値段も、とってもよかったりする・・・。
ついでに店長さんも、お若いけれどなかなかカンジのよいひとである(商売人ってことかしら・・・)。

で、凍頂烏龍。
これは、花粉症にイイというウワサを聞いたのだが、ホントウだろうか・・・。
ただの烏龍茶ではダメで、凍頂烏龍でなければ・・・ということだったのだが・・・。
でも、ホントウの凍頂烏龍というのは、今は作っている茶農さんが、殆んどいないのだとか。
そのマボロシの凍頂烏龍、どんなお茶なのか、楽しみだ。
早く、来ないかな~。

| | Comments (0)

そういえば・・・

ワタシは、日記なるものを、ちゃんとものしたコトがない・・・。
ってコトで、その真似事のようなものをしてみようと思う。
何日続くかは・・・。
思いついたときに、なにか書いておく、ということで・・・。
ときに、日記帳になったり、作文ノートになったり、詩集なんかにもなっちゃうかも!?

にしても、ワタシはメールというものを使い始めてからこのかた、
言い方を換えれば、PCを使うようになってからこのかた、
プロバイダーは何故かずっとniftyである。
しかし、こんなサービスがあったとは、今の今まで知らなんだ!
まだ何か、隠してるモノがあるんじゃないの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | February 2004 »