« クリスタルの輝きを放つ広東料理にヨイヨイ。 [2012.7.8]
【欣圖軒 Yan Toh Heen / インターコンチネンタル香港@尖沙咀 】
| トップページ | ソウル―香港,、ビジネスクラスで行ってみよう![2017.7.]
 【OZ723 特典航空券】  »

2012/07/23

香港です!海鮮です!ハタを食べましょう。[2012.7.8]
【福臨門魚翅海鮮酒家 九龍店 / 香港 尖沙咀金巴利道】

広東料理は鮮度が命!

この、客席に向かって設えられた、まるで熱帯魚の泳ぐインテリア的水槽も、いわゆる生簀というヤツに他ならない。

Dsc04313

テーブルには、メニューに紛れてこっそりと、重さと値段の対応関係が書かれた紙が置いてある…。

掃除が行き届いた水槽。
この美しさを保つのが、いかに労力を要することか、一度でも金魚を飼ったことがあれば容易に察することが出来よう。

Dsc04158


Dsc04163

しかし、この前に立って魚を物色している人の姿というのは見かけない。
テーブルで魚が食べたい旨を伝えたら、人数に合わせて適当な大きさのものを勧めてくれるのだ。

ワタシたちが勧められたのは紅星斑魚。
調理に入る前のご対面を経て…。

Dsc04084

待つことしばし…。

Dsc04111

ものの10分も経とうかということには、美味しそうに蒸しあがってテーブルの上に。

Dsc04115

骨を外して取り分けて…。

Dsc04119

各々の前に。

中国料理の清蒸と言えば、最後にネギ油を回しかけるイメージがあるのだが、福臨門の清蒸には、余分な油は加えられていない模様。

「ご飯は要りますか?」

どうやら、身を取り分けた後に残ったおつゆをご飯にかけて食べるか、ということであるらしい。

Dsc04125_2

なるほど、これも良いかも。

とにかく鮮度がいいので臭みなどあろうはずもなく、柔らかいけどプリッとした身が甘くて美味しい。
これで1匹ざっくり11000円@HKD10.5と、日本の感覚的には高級料理店で生きた鯛を一匹焼いてもらうくらいの感覚か。

決して安い値段ではないが、お財布一つ買って帰ることを思うとつい、“いっちゃえぇ~sign01”になるところが食いしん坊の食いしん坊たる所以。

もちろん、お魚だけで終わるハズもなく…。

Dsc04094

トロリ蜜汁のかかったとろける叉焼。
滑らかな肉質がどんどんと食欲を向上させる。

Dsc04098_2

ザーサイと一緒に食べても,とにかく美味しい。

Dsc04102

ふんわりお口の中でホロける皮に、その絶品叉焼が包まれた叉焼マン。

Dsc04106

あまりにふわふわの生地のせいか、少しもお腹にたまる気がしないのが不思議なところ。

Dsc04109

パリッと揚がって中ジューシーのお手本のような春巻。

Dsc04118_3

海老も大き目サイズが丸ごと入っている。

Dsc04123

季節限定“柚子皮”。
おススメの野菜料理は?と尋ねたところ、ぜひにと勧められたのが、“ザボン”に鮑のソースをかけているというこの料理。

はじめ、おっかなびっくりで一口食べてみると、その乾物臭にちょっと驚き、次に予測の付いてなかった食感に二度驚く。
しかし、こういうものだとわかってしまえば美味しいような気がしてくるから不思議だ。

そして、そのソースを白いご飯の上に少しかけて食べてみると…。
想定外の美味しさに、目をキラキラにして手足をバタバタさせてしまった。

三度目驚かされて、ザボンの皮もソースもキレイに無くなったお皿を、GMの梁さんが満足げに下げていく。

「ザボンは美味しかったですか?」
「はい~っ。 鮑のソースがとっても美味しかったですぅ~!」
「オオキイの鮑!」

梁さん、若しかして、今、中国人が間違えやすい形容詞の使い方で、ジョーダン言って行かなかった?

昨日初めてこの店のテーブルに着いた時とは違った空気が、ワタシたちの周りに流れ始めている…気がする。

昨日って、こんなに頻繁にお皿換えてくれたっけ?
お茶を注いでくれる回数も明らかに多いよね。
それより、昨日はナプキンなんて置かれて無くなかった?

Dsc04091_2

そう、今日案内されたテーブルセッティングには、何故か布ナプキンが置かれていた。
若しかしたらココは、ヒトによって料理ばかりかサーヴィスまでも違うのかもしれない…。

京都とかの料理屋さんでもよくあることだ。

Dsc04131

フカヒレ入りスープ餃子。

Dsc04137

貝柱の味がよく効いた上湯に、フカヒレも結構たっぷり。

しかし、このスープ餃子に関しては少々不満が残る。
フカヒレの質なのかもしれないが、往々にしてある臭み、これが気になる。
赤酢を加えてなんとか誤魔化す。

やはり、HKD140くらいのスープに入っているフカヒレだと、こんなものなのかもしれない。
若しかしたら、お得意様用のフカヒレ入り餃子スープだと、入っているフカヒレも違うのかも…。

ココで、ことある毎に話題に上るお得意様メニューを垣間見るチャンスがsign03

今日はお野菜も食べなくっちゃ!と注文した空芯菜の炒め物。

Dsc04142

ちょっとした不都合があって、作り直してもらったのだが…。

「ねぇ、これって、さっきはおじゃこで炒めてあったような気がするんだけど…。」
「おじゃこやったで!」

Dsc04145

貝柱がそれはそれはたくさん入っているその炒め物は、それはそれは美味しかった。


そして、デザート。

Dsc04151

柏餅にインスピレーションを受けたというこのお餅。

Dsc04157

かすかにココナッツの風味が加わって、不思議な美味しさ。

Dsc04148

ナイフで押さえて切ってもあっという間にふんわり元の高さにもどる、恐るべき弾力のマレー風蒸しパン。
食べてみると、予想をはるかに超えたフワフワ感。
感激度高し!

ここ福臨門の料理は、今の円高水準からしても決して安いわけではない。
しかし、やはりそれだけのものはある料理。

そして、気取らないサーヴィスも魅力の一つ。
こうしたものだと思って溶け込んでしまえば、安心して楽しめるレストランであると思う。
とにかく美味しいモノを気取りなく食べたい!という向きに、是非ともお勧めしたい。

懐も深そうなので、それこそお金に糸目を付けさえしなければ、どんな“ワガママ”にでも応じてもらえそうな予感…。


九龍尖沙咀金巴利道53-59號
TEL: (852) 2366-0286 
FAX: (852) 2739-8063
lunch 11:30~15:00(LO 14:30)
dinner 18:00~23:00(LO 22:30)
http://www.fooklammoon-grp.com/home.htm



美味しそう!と思ったら、ポチッ!とよろしくお願いします。

|

« クリスタルの輝きを放つ広東料理にヨイヨイ。 [2012.7.8]
【欣圖軒 Yan Toh Heen / インターコンチネンタル香港@尖沙咀 】
| トップページ | ソウル―香港,、ビジネスクラスで行ってみよう![2017.7.]
 【OZ723 特典航空券】  »

【外食】中国料理」カテゴリの記事

【地域】香港で美味しい!」カテゴリの記事

【ミシュラン】★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスタルの輝きを放つ広東料理にヨイヨイ。 [2012.7.8]
【欣圖軒 Yan Toh Heen / インターコンチネンタル香港@尖沙咀 】
| トップページ | ソウル―香港,、ビジネスクラスで行ってみよう![2017.7.]
 【OZ723 特典航空券】  »