« 素朴でどこか懐かしい、そんな薬果を召し上がれ[2011.1.9]
【낙원떡집(楽園餅家 ナグォントッチッ)/ソウル市鍾路区】
| トップページ | ムカシ懐カシでもちょっと食べにくし韓国伝統飴 [2011.1.8]
【수라청 精誠(スラチョン)@新世界百貨店(明洞)】 »

2011/01/18

韓牛と炭火は譲れないけど予算は少なめでOK?[2011.1.7]
【화우명가 (火牛名家 ファウミョンガ) /ソウル市麻浦区】

育ち盛りのオトメが4人、ソウルで焼肉を食べよう!と言うことになった。
なんといっても育ち盛りなので、1人1人前で済むとも思えない。
しかし、予算は1人50000ウォンくらいでおさえたい!

とはいえ、ソウルまで行ってオーストラリア産の和牛はちょっとご遠慮したいし、どうせなら炭火網焼き、ついでに言うと精肉食堂系ではなく、衛生状態の心配をしなくていいトコロ希望!

Dsc01471

ということで、韓国ブルーリボンサーベイ公認『ソウル美味しい店220軒』の中から選び出したるはファウミョンガ(火牛名家)

日本人観光客のメッカからはちょっと離れたところにあるが、なんでも韓国産牛肉販売認証第1号店ということであり、しかもお値段そこはかとなくリーズナブル!

Dsc01475

まずは、これから始まるオトメたちの喰い倒れ旅の前途を祝してマッコリで乾杯!

Dsc01472

Dsc01478

机の上には、あっという間に針を立てる隙間もないほど薬味やらおかずやらが並べられ…。

Dsc01479

そこへ登場のサルチサル、霜降りロースのことらしい。

これは、特殊部位盛り合わせ(135g)W42000の一部。
他にもトシ?という胸辺の肉や、えっと…もう1種類くらい入っていた気がするが…coldsweats01

Dsc01480

煙を吸い込みながら焼いていくので、ニオイは比較的気にならない。
コートを着て歩く時期には、この換気装置のあるなしは、かなり重要なお店選びのポイントではなかろうか。

Dsc01483

日本語の出来る、店長さん?と思しき男性が、愛想よく肉を焼いて裁ちバサミのようなハサミでチョキチョキ。

Dsc01485

味付けしてない“生”の肉は、塩で食べることを薦められる。

美味しゅうございます、ハイ。
あまりごつくは無いせいか、“おお!やらかいぢゃん!”と思いつつ、細かくサシが入っているのに思ったよりも脂っこくないのが好感。

Dsc01487

あれはナンだ???

物議をかもした白い物体は、輪切りにされたエリンギだった。

Dsc01491

次に焼くのは、マヌルカルビ(にんにく味付けカルビ)W29000×2。
これはちょっと甘い目にんにく風味のお醤油タレをお肉にもみ込んだカンジ。

Dsc01496

ちょっとごつい目なので、イイカンジに焦げ目も付いて…。

Dsc01500

これは青唐辛子の入ったお醤油ベースのタレで食べたり、

Dsc01505

スライスオニオンの入ったタレで食べたり、

Dsc01502

えごまの葉っぱの上に、その玉ねぎといっしょにのっけて食べてみたり、

Dsc01507

チシャ菜・えごまにスライスオニオン、そしてテンジャンのトッピングで食べてみたり、と、肉だけでなく野菜も一緒にたっぷりと。

そして次に焼くのはプルコギW15000×2。

Dsc01509

普通プルコギというと、すき焼きのような仕上がりを想像するのだが、火牛名家のプルコギは網で焼く。
で、どうやってひっくり返すのかそれはそれは興味深く注視していたのだが、

Dsc01517

網を二枚重ねにしておいて、ひっくり返す時にはもう1枚を上に乗せ、パタン!

Dsc01522

なんかこう、コロンブスの卵のような、得も言われぬ感動につつまれたワタシ…。

Dsc01526

そのプルコギも、イロイロマキマキで。

やはり、肉の質を言えば“生”の塩焼きと味付けのものとでは随分差が出る。
しかし、味付けのものも美味しく食べられるといえば、美味しく食べられる。

なので、4人で5人前食べ終わってもそこはかとなく物足りない育ち盛りのオトメたち…。

ということで、追加注文。

Dsc01531

生トゥンシム(ロース)W35000×2。
おかずもイロイロお替わり。

Dsc01528

お替りが来て、やっとこワタシの口にも入った甘くておいしいカボチャサラダ。
流石に育ち盛りが4人そろうと生存競争が激しい…(笑)
ついでに、コーラも一本サービスしてもらう。

Dsc01536

そうこうしているうちに焼きあがったロース。
脂身の部分は強制撤去されるので、悪しからず。
これはやっぱり塩でしょう!

やっぱりサルチサルがイチバンかな!といいつつもおいしく食べて、やっと締めの冷麺へ。
焼き肉後の冷麺やその他の食事類は、サービス価格W3000。

Dsc01541

写真を撮る前にカットされてしまった水冷麺。
さっぱりすっきり。

この冷麺のスープでささっとキムチを濯いで食べたらそれはそれは食べやすくなって美味しかったことはナイショだ…coldsweats01

Dsc01539

そしてビビン冷麺。

ビビン冷麺は、辛い!というけど甘さもあるので食べやすいと言えば食べやすい。
しかし、この辛甘さはあまり馴染みがないといえばなくて、けっこう新鮮(笑)

ここで、店長さんがテンジャンチゲをサービス。

Dsc01543

運ばれて来た瞬間、ケモノ臭いにおいが鼻について、大丈夫かしら…と思ったが、食べてみるとしっかりコンソメスープでおみそ汁を作ったような味。
かなり衝撃的においしい。

Dsc01546

最後はメシル茶で後口さっぱり!
ご馳走様でした!

で、気になるお会計だが…。
合計210000ウォン。
予算を10000ウォンオーバーしちゃったcoldsweats01

ま、いっか~smile

この火牛名家、件の『ソウルおいしい店220軒』では、前回行ったボドナムチプチャムスッコルと共にリボン2つなのだが、値段はかなりリーズナブル。
で、値段やら肉質やら接客やらをイロイロ総合的に判断すると、チャムスッコルに行くのならファウミョンガ。
しかし、この2店とボドナムチプとの間には、“同じリボン2つでええんか???”というくらいの差がある気がする。

『ソウルおいしい店220軒』で、韓牛の炭火網焼き肉にリボン3つが付いているのは碧帝カルビだけ。
リボン2つとの間にどの位の差があるのか、検証せずにはおれない気分になって来た今日この頃…。

ファウミョンガ
住所:ソウル市 麻浦区塩里洞173-29 2階 (서울시 마포구 염리동 173-29)
時間:11:00~22:30
TEL:02-702-6034
FAX:02-702-6035
休日:旧正月
お店のHP:http://www.hwawoohouse.co.kr/(韓国語)


美味しそう!と思ったら、ポチッ!とよろしくお願いします。

|

« 素朴でどこか懐かしい、そんな薬果を召し上がれ[2011.1.9]
【낙원떡집(楽園餅家 ナグォントッチッ)/ソウル市鍾路区】
| トップページ | ムカシ懐カシでもちょっと食べにくし韓国伝統飴 [2011.1.8]
【수라청 精誠(スラチョン)@新世界百貨店(明洞)】 »

【外食】韓国料理・焼肉」カテゴリの記事

【地域】韓国で美味しい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素朴でどこか懐かしい、そんな薬果を召し上がれ[2011.1.9]
【낙원떡집(楽園餅家 ナグォントッチッ)/ソウル市鍾路区】
| トップページ | ムカシ懐カシでもちょっと食べにくし韓国伝統飴 [2011.1.8]
【수라청 精誠(スラチョン)@新世界百貨店(明洞)】 »